コロナ離婚はなぜ起きる?夫婦仲が悪化したのはあなたの行動のせい?

こんにちは。

ゆりです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

コロナ離婚というキーワードがネットに登場して結構経ちますね。

私も先日、コロナ離婚を考えるのは、もともと夫婦間のコミュニケーションが取れていないから・・・ということをお伝えしました。

コロナ離婚したい?今こそ夫婦で出来る離婚回避の方法とは?

 

でも、浮気がバレて離婚危機にあるあなたとしては、そもそもその前に、

 

在宅勤務と外出自粛で家にいるのが針のむしろ・・・

そう思っているのではないでしょうか。

 

そりゃあそうですよね。

それでなくとも家にいる時間が苦痛なのに、朝から晩まで家でパートナーと顔を合わせなければいけないのは、とても辛いですよね。

 

子どもとパートナーが仲良く話しているのに中に入れなかったり。

食事の時間に沈黙が続いたり。

 

これではコロナ騒動が終わる前に夫婦仲が終わってしまう・・・・

まさにコロナ離婚まっしぐらです。

 

 

突然ですが、ここで大切なことをお尋ねします。

 

あなたは、夫婦仲が悪いことを理由に、パートナーからも子どもたちからも遠ざかっていませんか?

 

後ほど、このことについてお尋ねしますので、よく考えておいてくださいね。

 

今回は、家にいる時間が増えて、家族とどう過ごしていいのかわからない、そんな方に女性目線でのアドバイスをお届けいたします。

 

コロナ離婚危機を乗り越える1:常に一緒にいるストレスはみんな同じ

コロナ離婚危機になる一番の原因は、常に一緒にいることによるストレスでしょう。

 

あたりまえですけど、どんなに仲のいい相手でも四六時中一緒にいたら、何らかの問題は生じます。

付き合い始めたばかりの恋人同士とかでしたら、相手への遠慮や、まさに「愛の力」がそれを上回って、問題は表面化しないものですが、

時を重ねた夫婦の場合は、表面化するどころか、他の積もり積もった愚痴や不満も相まって、問題は悪化する一方になるでしょう。

 

いわゆる「八つ当たり」的なものは一番身近な人に向かうものです。

 

つまり、外出自粛で夫婦仲が悪化するのは、あなたのような「元々夫婦仲が危機」だった人だけではないのです。

どんな夫婦でも充分にありえることなのです。

 

今、ソーシャルディスタンスが大切、と言われていますが、それは物理的な距離感ではなく、人間関係の距離感にも大切なのです。

 

ですから、外出自粛で夫婦仲が険悪になるのは、自分だけが特別なのではなく、誰にでも起きうる事態、だと思ってください。

 

「亭主元気で留守がいい」のは古今東西、どこも同じです。

 

コロナ離婚危機を乗り越える2:妻のストレスの原因はあなたの行動

夫婦仲が険悪になるのは誰にでも起こりうるとはいえ、コロナ騒動の中で、パートナーの高まるストレスの原因の多くはあなたの行動にあります。

 

パートナーは、学校が休校になったことで、今までと同じ日々の家事・育児に加えて、さらに日中の子どもたちの世話をしなければなりません。

毎日のお昼ご飯はもちろん、学校の指示に合わせた勉強の面倒もみないといけません。

 

うちにずっといなければいけないこの状態は、子どもだってストレスが溜まります。

そのイライラ星人と化した子どもたちの相手をするのは、すべて母親であるパートナーです。

 

その子どもたちのケアをしながら、かつ、あなたの世話までさせられたら、パートナーのストレスは頂点まで達します。

 

さて、先ほどお尋ねしたこの問いの答えは出ましたしょうか。

 

あなたは、夫婦仲が悪いことを理由に、パートナーからも子どもたちからも遠ざかっていませんか?

 

パートナーとぎくしゃくしていると、どうしても子どもにも距離をとってしまうものです。

パートナーがあなたの悪口を言っている可能性もあるし、

「バツが悪い・・・」

そんな心境なのが正直なところだと思います。

 

しかし、それこそがあなたが今抱えている「コロナ離婚危機」です。

 

あなたが居心地の悪い場所から逃げてばかりいると、結局パートナーはすべての家事と育児を背負わなければなりません。

パートナー自身だって、このコロナ騒動でものすごくストレスが溜まっているのに、家にいるあなたは問題から逃げて何もしてくれない・・・・

これでは、どうぞ離婚してください、と言っているようなものです。

 

ではあなたはどういう行動を取ればいいのでしょうか?

 

その答えはとてもシンプルです。

 

 

コロナ離婚危機を乗り越える3:妻の家事と育児の負担を減らす

コロナで家に居場所がない、そんなあなたが今すべきことは、パートナーの家事と育児の負担を減らすことです。

 

「そんなの当たり前だ!」そう思うかもしれませんね。

でも、この当たり前のことがあなたには出来ていなかったはずです。

 

その理由は

  • 現実逃避している
  • プライドが傷つくのが怖い

    この2点にあるはずです。

     

    ご自分の胸に手を当てて考えてみて下さい。

     

    自分の浮気がバレて、妻に離婚を突き付けられている状態で、家の中で普通に過ごすのは確かに難しいです。

     

    だから、

    • 出来るだけパートナーと話したくない
    • パートナーと同じ空間にいたくない

    そう思って、彼女と接するのを避けていることでしょう。

     

    さらに、

    • 子どもの前でパートナーに怒鳴られたくない
    • 拒否されるのが怖い

     

    そんな風にプライドが傷つくのを恐れて、子どもとも距離を取っていることでしょう。

     

    パートナーには、そんなあなたの感情は丸わかりです。

    そしてそんなあなたにうんざりして、もはや何も期待しなくなっています。

    そもそも疲れ切っている彼女は、そんなあなたの相手をする気もなくなっていることでしょう。

     

    パートナーの感情を動かすには、お伝えした2点から脱却するしかありません。

     

    そのためにやるべきことは、パートナーの家事と育児の負担を減らすことです。

     

    話しかけたら拒絶されそう・・・そう思って話しかけられないでいるのなら、忙しく働いているパートナーの「今やっていること」を手伝えばいいのです。

     

    例えば、洗濯物を干していたら、側に行って「俺が干すよ」とひとこと声をかけて洗濯物を受け取りましょう。

     

    「いいわよ、余計なことしないで!」

    そう言われる可能性も高いでしょうが、そこですぐに引き下がったら、パートナーの怒りは倍増します。

    あなたのプライドが多少傷ついても、ここはぐっと我慢して笑顔で耐えましょう。

     

    「邪魔じゃなかったら手伝わせてくれないかな」とあくまでも「自分が手伝いたい」という意思表示をするのです。

     

    女性は頑固ですから、一度自分が言ったことを引っ込めるにはきっかけが必要なのです。

    「余計なことするなと言ってしまったけど・・・あーもう疲れたなあ・・・やっぱりやってもらえばよかった!」

    そう思っている時に、あなたがもう一度申し出てくれたなら

    「じゃあ、そんなにやりたいなら勝手にやれば」と口では仕方なさそうに言いつつ、内心はほっとして任せてくれるはずです。

     

    育児も同じです。

    子どもの年齢に関わらず、あなたがやれることはたくさんあります。

    何をすべきかは自分で見つけてくださいね。

    子どもを愛してれば、そんなものは自然にわかるはずです。

     

    あなたの行動の積みかさねで、パートナーの家事と育児の負担が少しでも減れば、必ず彼女の感情が動きます。

     

    人は疲れている時はマイナスの感情しか湧いてこないものです。

    マイナスの感情はさらにマイナスの感情を生み出すので、負の連鎖に陥ります。

    そのままだと、コロナ騒ぎの終焉とともに、あなたの結婚生活も終わりを告げることでしょう。

     

    ですから、コロナで在宅時間の多い今こそ、あなたの大逆転のチャンスとも言えます。

     

    コロナ離婚を回避しよう 外出自粛で夫婦仲が悪化した原因はあなたの行動

    誰でも、居心地の悪い空間からは逃げたいものです。

    ましてやそれが自分の家なら、本当に辛くてしんどいことでしょう。

     

    でもそれに甘んじて自分の部屋に引きこもっていたら、ますますパートナーの心はあなたから離れ、離婚を現実的に考えることでしょう。

    この非常時に何もしてくれない夫なんていない方がましですから。

     

    ですから今こそ、プライドは捨てて、パートナーの疲れを癒すために、家事や育児を進んで手伝いましょう。

    拒否されたらどうしよう、などと悩んでいる場合ではありません。

     

    この不安定な社会情勢の中、パートナーも先の見えない毎日に悩み苦しんでいるんです。

    それを受け止めてあげるのは夫であるあなたの務めです。

     

    パートナーの肉体的な疲れも精神的な疲れも、全部受け止める覚悟で、彼女に寄り添いましょう。

     

    あなたの本気にパートナーが気付けば、きっとあなたのコロナ離婚危機は、やがて笑い話に出来る日が来ることでしょう。

     

    その日が来ることを、私も心から祈っています。

     

    Stay  Home

    あなたの家があなたにとって最高の居場所となりますように。

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    追伸

    ひとつ大切なお知らせです。

     

    無料のメールマガジンをお送りしています。

     

    ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

    今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

    このサイトでは書けなかった特別なこと

    例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

    きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

     

    もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

    あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

    詳しくはこちらからどうぞ。

     

    サンプル