復縁の手紙はメリットだらけ!パートナーの心に届く内容とは?

 

こんにちは。ゆりです。

いつも読んでくださって、ありがとうございます。

 

浮気が原因でパートナーから離婚を切り出された。

 

あなたの今の状況ですよね。

それだけではありません。

 

パートナーが家を出ていってしまった。

 

このような状態になっている方もいるのではないでしょうか。

それまで一緒にいることが当然だと思っていたパートナーがいない。

この状況を招いた原因はあなたにあるのは間違いありませんが、復縁も望んでいますね。

ところが現実は、なかなか思い通りにはいきません。

 

  • パートナーが家を出ているので、話をすることができない。
  • 家にいても家庭内別居で、話をするチャンスがない。

 

そんなあなたでも、パートナーに復縁の気持ちを伝える方法があります。

それが「手紙を書く」ということです。

 

LINEやメールの方が手軽だし、気持ちも伝わるのではないか。

そう思われるのもわかりますが、手紙には他の連絡手段にはない特別な力があります。

この記事を読んでいただければ、以下のことが分かります。

  • 復縁するための手紙が持つメリット
  • 復縁するための手紙に書くべきこと

 

復縁するための手紙が持つメリット

私は今までにも手紙を書くメリットを何度もお伝えしてきました。

離婚回避にメール・LINEは有効?手紙を勧める本当の理由とは?

この記事でもお伝えしていますが、手紙というものはパートナーにとって特別なものです。

心のこもった手紙をもらって嫌な気持ちになることはありますか?

そのような人はまず、いないでしょう。

 

なんといっても、手紙は時間をかけて書かれるものです。

それだけにいろいろなことを伝えることができます。

ここでは、手紙を書くことのメリットを改めてお伝えしていきたいと思います。

 

真剣な気持ちを伝えることができる

文章を書く時は勢いでという場合もあるでしょう。

メールLINEだとその傾向がより強くなりますよね。

ここで、あなたに質問があります。

 

「勢いだけで書いたメールやLINEの文章が相手の心に響きますか?」

 

仲がいい相手に対してならば、それでもいいかもしれません。

でも、あなたが今考えているのはパートナーとの復縁です。

書く文章にも真剣な気持ちを込める必要があります。

 

また、手紙を手書きにするというのも重要なことです。

それによって、あなたが真剣だということをパートナーに伝えることができます。

「でも、字が下手だから、パソコンで打ったキレイな文字の手紙をおくりたい」

そのように考えているのなら、あなたの思いはパートナーの心に届かないでしょう。

 

字がキレイかどうかということは問題ではありません。

真剣に書いた文字や文章には心が現れます。

パートナーに対して、心を込めて手紙を書くというのは、とても大切なことなんですよ。

 

相手からの返信を期待できる

手紙の最大のメリットは相手の手元に残るということです。

捨てられない限り、あなたからのメッセージをパートナーは読み返すことができます。

 

LINEは手軽な連絡手段ゆえに、相手の心に響かず読まれただけで終わる可能性が高いでしょう。

それどころか、謝罪をLINEで済まそうとしているのなら、手軽に済まそうとしているように感じられ、逆に怒らせる可能性もあります。

 

メールはLINEと違い手紙と同じくらいの文章を書くことが可能です。

しかしメールは事務的に感じられ、こちらも相手の心に響きにくくなります。

 

そういったことから、私はメールやLINEを利用して復縁の思いを伝えるというものに疑問を持っています。

 

LINEは既読がつくので、パートナーが読んだかどうかがすぐにわかります。

あなたにとって、相手に届いたことが実感できる点ではいいですが、既読スルーをされると精神的に落ち込んでしまいます。

返事がこないことにショックを受け、あなたの中の不安やネガティブな感情が大きくなってしまうことはマイナスだと思います。

 

手紙ではそういう心配はありません。

手紙の特徴
  • 相手に届いたかどうか確認できない
  • 返事がいつくるのかわからない

そして、時間差での返事が期待できるのが手紙です。

 

真剣に心を込めて書いた手紙を無視するというのは、難しいことなんですよ。

 

気持ちの整理ができる

手紙を書くには時間がかかります。

事務用の便せんしかない場合は新しいものを用意してくださいね。

やはり、パートナーに出す手紙なので、便せんからこだわって欲しいと思います。

 

また、手紙を出すためには切手を貼ってポストに投函する、という手間もかかりますね。

これらのことが面倒に感じ、メールやLINEで済ませたいと感じるかもしれません。

そんな中でもあえて手紙をおすすめするのには理由があります。

 

  • 復縁できる可能性が高い
  • 気持ちの整理がつく可能性が高い

 

今回はこの理由の中の気持ちの整理がつくということについてお伝えします。

 

手紙を書く時、パートナーに対する思いを書いていきます。

この時、どうしてもネガティブな思考になってしまう場合が多いのです。

 

自分の正直な気持ちを書く。

 

これが、パートナーの心に響く手紙になることは間違いありませんが、それがネガティブでは逆効果になりかねません。

そんな気持ちでも、紙に書くという作業のなかで整理をつけることができます。

このようなことから、私はパートナーに心をこめて手紙を書くことをおすすめしています。

 

パートナーが欲しい言葉をわかっていますか?

「妻が突然、家を出て行きました・・」

「家に帰ったら部屋が綺麗に片付いてて、こんなに突然・・」

「突然、目の前に離婚届を突きつけられて・・・」

 

パートナーに離婚を突き付けられた男性はこのようなことを口にします。

でも、パートナーは突然、離婚を決心したわけではありません。

これまでに、いろいろな感情を胸に溜めてきているのです。

ところが、あなたはパートナーのそんな感情の機微に気が付いていない。

 

それでは、離婚を切り出されても当然です。

それ以外にも、日本の男性には黙っていても分かる、と考える人が大勢います。

 

手紙の添削であった実例
仕事のことだからとパートナーに相談しない。
 ↓ ↓ ↓
パートナーは必要とされていないという不安。
 ↓ ↓ ↓
離婚して欲しいという要求。

 

私たちはエスパーではありません。

思いは言葉にして伝えないと、相手には伝わりません。

では、パートナーがどんな言葉を求めているのか、あなたにはわかりますか?

 

復縁するための手紙に書くべき言葉

ここからは復縁するための手紙にどんなことを書けばいいのか、ということをお伝えしていきますね。

今まで手紙を添削してきた中で感じたのは、パートナーの気持ちを考えていないものが多い、ということでした。

そんな手紙はもらっても嬉しくありません。

 

「言いたいことはわかった」

 

こう言われて終わりになります。

そうならないために必要なことをお伝えしていきますね。

 

パートナーに対する感謝

パートナーに対する感謝の気持ちを必ず手紙の中に書いてください。

間違っても「帰ってきて欲しい」など、自分本位な思いを書くのはやめてくださいね。

パートナーは離婚したいという気持ちが強くなっています。

そんな人に「帰ってきて欲しい」と告げたのなら、あなたと離れたいと思う気持ちがさらに強くなってしまいます。

 

パートナーはあなたが復縁したいと思っていることはよく知っています。

その中で知りたいことは何か。

パートナーが知りたいのは「あなたの離婚に対する気持ち」ではありません。

 

どれだけ自分のことを大切に思っているのか。

これが知りたいのです。

 

あなたが仕事や実家の母親よりもパートナーのことを大切に思っている。

このことをパートナーに伝えなければいけません。

そして、この大切に思っているという気持ちをわかってもらうためにも、感謝の気持ちを伝えるということが重要になってきます。

 

この感謝の気持ちは、特別なことを伝える必要はありません。

こんなことを伝えてくださいね
  • 朝起こしてくれた
  • ご飯を作ってくれた
  • 家事をやってくれていた

 

このような、これまでパートナーが当たり前のようにしてきてくれたことに対して感謝を伝えてください

感謝の気持ちを告げたあとの言葉は決まっています。

 

君がいてくれるだけで自分がどれほど幸せだったかに気がついた、本当に感謝しています、ありがとう。

 

これをあなたの言葉ではっきりとパートナーに伝えることが大切です。

 

変化するということ

パートナーが知りたいことは何か、ということはわかっていただけたと思います。

それと同時にパートナーはあなたがどのように変化するのか、ということも知りたいのです。

たしかに、パートナーは離婚を決意するところまで追い詰められています。

 

あなたに対する愛はなくなってしまったかもしれませんが、憎しみという感情があるということはまだ復縁の可能性があるのです。

私が添削をした手紙の中で印象的なものがありました。

 

それは精神的に疲れているパートナーがさまざまなことを要求してくるものでした。

普通に考えると「ここまで要求するのか」というようなものもありました。

でも、パートナーからいろいろと言われている間は復縁できる可能性があると思います。

その理由は、無茶な要求はパートナーがあなたのことを試しているという可能性があるからです。

 

マザーテレサの有名な言葉に「愛の反対は憎しみではなく無関心です」というものがあります。

パートナーがあなたの行動に対して無関心でない間は復縁できる可能性があるのです。

それならば、あなたはどのように変化しているのかということをきちんと伝える必要がありますよね。

 

パートナーに伝える思い

ここまででパートナーに伝える思いがどのようなものかということが分かっていただけたと思います。

特に難しいことではなかったと思います。

しかし、それができていなかったからパートナーはあなたに対し離婚を突き付けたのです。

 

パートナーが今までしてきてくれたことは普通のことです。

 

普通のことだからこそ、あなたは特に感謝の言葉を口にしてこなかったでしょう。

それどころか、やってもらって当たり前、と思っていませんでしたか?

 

これまでパートナーがしてきてくれていたことをパートナーからのプレゼントだと考え直してみてください。

そうすれば、感謝の気持ちがあふれてくるのではありませんか?

その気持ちをパートナーに対して伝えてください。

 

何度もお伝えしていますが、復縁のために書く手紙には、感謝の気持ちを忘れないようにすることが大切です。

そして、パートナーに伝える思いを間違えないようにしてください。

 

気持ちを伝えるからといって、「あなたの思い」をぶつけるようなことがあっては逆効果です。

このことも忘れないようにしてくださいね。

 

復縁の手紙でパートナーとの新しい未来を!

今回のまとめです。

  • 復縁の手紙を書くメリット
    (1)丁寧に書くことで真剣な気持ちが伝わる
    (2)相手にあわすことができるので、返事を期待できる
    (3)自分の気持ちに向き合うことができる  
  • 手紙に書くべきこと
    (1)今までしてもらったことへの感謝の気持ち
    (2)前向きに変わっていくのだという決意
    (3)「自分の思い」ではなく「パートナーをどう思っているのか」

パートナーはお互いに支えあいたいと考えています。

そのためには、普段から些細なことでも話しができる関係を気付いておくことが必要です。

それに気が付いたのなら、今からでも間に合います。

 

男性は面と向かって相手に感謝の気落ちを告げるということに抵抗がある場合が多いでしょう。

そんな時、あなたの助けになってくれるのが手紙です。

面と向かって話すと、気持ちと逆のことを言ってしまう。

そんな場合でも、手紙に書くということで、思いをきちんと伝えることができす。

 

手紙は冷静さと情熱の間をとりもつ橋になるものだと考えています。

 

また、日本人は愛情表現がどうしても苦手だという方も多いですね。

外国の習慣に、男女を問わずハグするものがあります。

パートナーにそれをしてください、と私があなたにお願いしても「できません」という声が返ってくることでしょう。

そのことは仕方がないことだと思います。

 

それならば、手紙を書きましょう。

心を込めて手紙を書くことはできますよね。

愛情表現が苦手な日本人を助けてくれるアイテムが手紙ではないでしょうか。

あなたは手紙の中で、どんな言葉をパートナーに贈りますか?

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル