手紙

 

こんにちは。ゆりです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

パートナーから離婚を切り出されてしまったあなたは、今どのような行動をしていますか?

 

声をかけようにもかけにくく話ができないでいる。

家から出ていかれているのでメールやLINEを送っている。

電話しても出てくれないため何もしない状態。

 

関係を修復したいと思っていてもコンタクトが取れないから結局動けないまま、だとしたら何一つ変わることはないでしょう。

 

メールやLINEを送っていたとしても、自分の都合のいい時に送信していませんか?

通知音を不快に感じる人もいるんです。

ましてや相手が離婚を突きつけている人なら余計気に触ることだってあります。

 

実際に私も離婚間際に元夫が自分の都合で送ってきているLINEの通知音に頭を抱え、どんどん負の感情が募っていくのを感じました。

内容もさることながら、次はまたいつこの不快なLINEが送られてくるのだろうと恐怖に思うことさえありました。

 

では離婚危機の修復のためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは「手紙」を送ることが相手の心を動かす方法といえます。

 

手紙を書いたことがない、送ったこともないという人もいるかもしれません。

でも、そんなことは送る相手には関係のないことですよね。

手紙を書くなんて面倒だと思ったあなたは、本当に関係を修復する気がありますか?

 

離婚の危機を回避して関係を修復したいと思っているならあなたの都合ではなく、相手の気持ちを一番に考えて心を動かす行動をとらないといけません

 

書いたことのない手紙に対して不安になってしまうのは仕方がないことですが、時間は止まってはくれません。

何もしなくてもただただ時間は過ぎていきますし、気付けば離婚が成立していたなんてケースもよくあります。

 

話す言葉、メールやLINEなどでは伝わりにくいけど手紙をによって伝わるものもあるのです。

 

今回の記事では離婚危機の修復への思いは手紙で伝えた方が良い理由、手紙を書く際のポイント2つをお伝えしていきたいと思います。

 

この記事を読んでいただければ、あなたは以下のことが分かります。

 

  • 関係修復の思いは手紙で伝えた方が良い理由
  • 手紙を書く際押さえるべきポイント2つ

 

離婚危機!関係修復への思いを伝える方法

渡す

離婚を言い渡されるくらい夫婦としての関係が崩れているけど、あなたは離婚をしたくないという気持ちでいっぱいになっていると思います。

それをパートナーに伝えようとして必死にコンタクトを取ろうとしているけどうまく取ることができない、そんな状況でしょう。

 

思いを伝える方法として、電話や実際に会って話すメール・LINEをする、そして手紙がありますが、手紙を送ることによって今後の事態が好転する可能性が出てきます。

 

どうして手紙が良いのでしょうか?

それは、受け取った相手の都合に合わせられることと、文字にしたためる重みが他の手段とは違うからです。

 

修復への思いを口頭で伝える場合

口頭で伝えようとすると、大事なことほどうまく伝えるのが難しいものになってきます。

 

その場を取りつくろうような発言が出てしまったり、ちょっとしたことで思わず感情的になり大声を出してしまうこともあるかもしれません。

いざ話しをしようとしてもしどろもどろになり、「何が言いたいの!?」と怒らせて余計いざこざになったケースだってあります。

もしくは話す場面やタイミングを計れずに、尻込みしていつまで経っても話せないこともあるでしょう。

 

またはパートナーが、一度信用を失っているあなたの言葉に耳を貸す気持ちがなく、話す機会すら与えてもらえないことだって考えられます。

離婚の危機から抜け出し関係を修復したいというあなたの思いを口頭で伝えるのは、想像以上にハードルが高いことなのです。

 

修復への思いをメール・LINEで伝える場合

メールやLINEに関しても自分の都合で送ることができるツールですよね。

 

長文で反省文が並べ立てられているものや、やり直したいことが書かれていたとしても、受け取る相手がその時間忙しかったらどうでしょうか?

 

メールやLINEの通知が来ると、気付いたその時に見れなくても通知が来ていることは頭のどこかでは気にしてしまいます。

送信相手があなただとしたら「また何事か!?」と思いイライラさせてしまうことだってありえます。

 

考えに考え抜いた文章だとしても、「人の都合を無視して送ってきた!」と勘違いされたら想いは全く伝わらないですよね。

 

夫婦の置かれている状況によっても変わってきますが、あなたがパートナーと普段から非常に重要な話でもメールやLINEでやり取りをしているのなら、メールやLINEでも伝わるかもしれません。

ただ私の個人的な意見としては「手紙」の方が特別感があり、あなたの思いがより伝わると思います。

 

修復への思いを手紙で伝える場合

手紙に書きだすということは、自分の中にある思いを整理することができます。

話す時とは違って落ち着いて自分の伝えたいことをきちんと最後までまとめられて書くことができるでしょう。

書き出したものを読み返せるので納得がいくまで書き直すことが可能です。

 

ここまでならメールやLINEででもできるのでは?と思うでしょうが、手紙は送った相手の都合のいい時に読んでもらうことができるのです。

通知でイライラさせることもなく、相手が読みたいと思った時に冷静な状態で見てもらえます。

 

また、文章を書いて送るという今までにないようなアプローチによって離婚の気持ちを動かす可能性が出てきます

ですから特に大切にしたい気持ちを手紙に書いて送るのは、相手を思っていることを伝える良い手段なのです。

 

関係修復への手紙で押さえるポイント

手紙

夫婦の信頼関係を取り戻し修復を望むことを伝える手段として、手紙を送る方法が有力なことをお伝えしました。

だけど、ただ手紙を書いて送るだけで関係の修復ができると思うのなら、その手紙には何の効力もなく効果が発揮されることはありません。

 

「離婚したくないから」「修復のため」といって、どこからか拾ってきた単語を羅列させただけの手紙に価値はありません。

そんな内容の手紙を読んで一度心が離れかけているパートナーが、離婚を考え直して戻ってくるでしょうか?

最終的な目標は修復することですが、手紙の中身次第で達成できるかどうかは変わってくるのです。

 

相手に自分の思いを伝わるようにするためには、その状況によってポイントを押さえなければいけません。

どうせ書くならポイントをふまえて、より伝わりやすいものの方が良いですよね。

 

押さえておくべきポイントは2つあります。

相手の思いを受け入れているということと、自分の言葉でしっかりと思いを伝えることです。

 

このポイントの他にも一文字一文字丁寧に書くことや封筒、便せんもパートナーのことを思ったものを選びましょう。

 

手紙で押さえるポイント1: 相手の思いを受け入れる

パートナーから離婚を言われている事実を受け入れて認めましょう。

「ちょっと拗ねてるだけ」とか「浮気相手にやきもちを焼いている」「本当は離婚の意思なんてない」などと思っているようなら修復は難しいと思われます。

 

離婚したくなった理由を作ったのはあなたですから、パートナーの今の気持ちを汲んだ手紙の内容にすることです。

 

離婚したくないという一方的な気持ちの押し付けは最もしてはいけないこと。

手紙を見て、読み進めてみようかなと思ってもらえる書き出し方にすることが必要になります。

 

パートナーの思いを受け入れる気持ちがあるということをしっかりと伝える文章にしてください。

人は自分のことをわかってもらえると思うことで、心が動くものですから。

 

手紙で押さえるポイント2 :自分の言葉で伝える

謝罪文は必要ですが、不必要に過度な謝罪や取り繕うような謝罪は逆効果です。

ちゃんと自分自身の言葉で謝ることが重要なポイントになります。

辿々しい文章となってもあなたの思いが込められた手紙の気持ちはパートナーへ伝わるものです。

 

きちんとした謝罪や感謝の他に、あなたがこれからどうしていくのかも伝えるべきです。

 

離婚することなく夫婦関係が修復できた場合の未来や、どう変わるのか決意を書きましょう。

未来と決意に対して書いて伝えることで関係回復した際に、より一層絆は強くなるはずです。

 

離婚を回避し関係を修復するために真心のこもった手紙を送ろう

手紙

今回は以下のことをお伝えしました。

  • 手紙は納得がいくまで書き直しができ、パートナーの都合のいい時に読んでもらえる。
  • 手紙を書く際に押さえるポイントは次の通り。
    [1] パートナーの思いを否定せずに受け入れているという文章にする。
    [2]自分の言葉で決意や未来を書く。

 

手紙を1回送ったからといってすぐに修復ができるわけではありません。

一度失った信頼を取り戻すのには、時間と労力は相当かかることを覚えておいてください。

 

まだ繋がっている状態の今だからこそ修復の可能性はあると言えます。

完全に壊れて修復不可能になる前に心のこもった手紙を送ることで、少しずつ関係を直していきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル