浮気の慰謝料、離婚しない場合の相場は?離婚の有無の影響はある?

 

こんにちは。ゆりです。

いつも読んで下さってありがとうございます。

 

前回は慰謝料の請求先について具体的にご説明しました。

慰謝料は浮気相手に請求するもの?あなたが請求される可能性は?

 

今回は、浮気に対する慰謝料の相場がいくらなのかご紹介します。

パートナーが慰謝料の請求に動いたら、金額がいくらぐらいになるのか、気になりますよね。

前回お伝えした通り、慰謝料に対してあなたは逃れられない重い責任を負っています。

パートナーの気が済むなら、できるだけ要望に応えてあげるのが関係修復に役立つこともあります。

慰謝料もその中の一つです。

 

しかし、請求先になり得る浮気相手の支払い能力や、浮気の中での過失の割合など、慰謝料を決定するには色々な要素が関係してきます。

必ずしも、パートナーの言う通りの内容で話が進むわけではありません。

 

この記事を読むと、次のようなことがわかります。

  • 慰謝料の相場はいくらなのか?
  • 慰謝料の計算に影響する要因は?
  • 慰謝料の話し合いから関係修復につなげるには?

 

気になる浮気の慰謝料の相場は?

まずは気になる浮気の慰謝料相場をお伝えしますね。

あなたは離婚回避を目指しているので、まずは離婚しない場合の慰謝料相場をご紹介します。

離婚しない場合の相場 50万円~200万円

「離婚しない場合」と一括りに言っても、かなりの幅がありますよね。

それだけ、同じ浮気が原因でもそれぞれに事情があり、慰謝料に影響する要因があるということです。

その浮気がいかに罪深いものであったのか、この金額で断罪するということだと思ってもらって結構です。

 

実際、浮気がもたらす最悪のシナリオ、離婚は慰謝料額に大きく影響します。(詳しくは後程ご紹介しますね。)

パートナーの精神的苦痛を賠償するわけですから当たり前といえば当たり前ですね。

 

浮気という過ちが、パートナーとの関係を崩すだけでなく、このような経済的な負担にもつながるわけです。

後悔は先に立ちませんが、あなたにとっても浮気は絶対にすべきものではなかったのがよくわかりますよね。

 

浮気の慰謝料相場を細かく見てみると、次のようになります。

  • 離婚した場合 約200万円~300万円
  • 離婚せず別居だけした場合 約100万円~200万円
  • 離婚しない場合 約50万円~100万円

離婚しない場合の金額は先程もご紹介しましたが、離婚の有無だけでかなり金額が違うのがわかります。

それだけ離婚による精神的苦痛が大きく評価されているのです。

あなただって離婚を回避したいわけですから、この理由はおわかりですよね。

 

しかし、パートナーからすると、離婚していなくても、離婚した場合くらいの慰謝料が相当だと感じている人は多いです。

それくらい、浮気によってパートナーの心は傷付いているのです。

慰謝料が「精神的苦痛に対する賠償」とはいえ、パートナーの心の傷はお金では埋めることはできません。

でもそれしか表現方法がないから慰謝料という手段をとっているわけです。

 

慰謝料で高額の請求が認められた方が、自分の苦痛を認められたと感じるパートナーの気持ち、あなたはしっかり理解しておかなければなりません。

パートナーは決して、お金が欲しいわけではないのです。

 

浮気の慰謝料の計算方法

浮気の慰謝料の計算方法ですが、明確な方程式のようなものはありません。

もしも裁判になった場合は、それぞれ個々の事情を加味して慰謝料額が決定されます。

なので、裁判を通さず話し合いで決める慰謝料の妥当な額というのは、お互いの言い分で折り合いの付く金額を探る形になってしまいます。

 

裁判の場合に慰謝料額に影響する要因の例は次のようなものです。

  • 結婚年数
  • 婚姻生活の状況(夫婦円満だったのかどうかなど)
  • 浮気していた期間、内容、頻度
  • 離婚しているかどうか
  • 夫婦間に子どもがいるかどうか
  • 浮気相手やあなたの社会的地位や収入、資産  など

 

あなたは望んではいないでしょうが、もしも浮気が原因で離婚すればもう少し明確な計算方法は存在します。

基本慰謝料120万円+請求相手の年収の3%×婚姻年数(最大20年)×有責度×調整係数

有責度とは、離婚に至る責任の割合がどのくらい大きいかを示す数値で、パートナーにも何らかの離婚に至る重大な責任がある場合が0、あなたの浮気だけが離婚の原因になった場合は1が採用されます。

それぞれに何らかの落ち度がある場合は、その割合によって0.1~0.9の間で数字が決まります。

 

調整係数とはパートナーの就業状況を数値で表すもので、パートナーがあなたと同程度の収入がある場合の0.7から未就業の場合の1.3まであります。

必ずこの計算通りの金額の慰謝料が認められるわけではありませんが、一つの目安として考えて下さい。

 

もちろん、私はあなたがこの計算方法を使わずに済むことを祈っています。

 

離婚する場合と離婚しない場合は金額が違う?

先に相場をお伝えしていましたが、離婚の有無は慰謝料の金額に影響します。

それは、離婚することがかなりの精神的苦痛になると認定されているからです。

 

私に言わせれば、離婚せずに浮気という事実を乗り越えていく方が、よっぽど辛くて傷みをともなうと思うのですが、なかなか裁判では認められないようです。

浮気を乗り越えて離婚しない場合にも、離婚した場合のように慰謝料の金額を決める計算の方法があれば苦労することもないでしょう。

でも計算の方法がないからこそ、パートナーの気持ちを考えてそれを癒すことを真剣に考えられるのではないでしょうか。

 

話し合いで慰謝料額を決定する場合には、やはり一旦はパートナーの決めた金額を提示するのが一番です。

あなたが口出しするのは禁止です!

その後の話し合いの中で、支払い能力などの問題や上記のような要因を踏まえて妥協点を見つけていくしかありません。

 

離婚を回避して、パートナーとの関係をこれから修復していくなら、一緒に浮気という事実を乗り越えていくパートナーの苦痛を常に心に留めておいて下さい。

「離婚されなかったから万事OK!」とは決して思わないで下さいね。

 

慰謝料額だけを意識しないで!

慰謝料が請求されるとなると、やはり関心事はその金額に向きがちです。

確かに自分の負債になり得るものですから、金額が気になるのは仕方ありません。

でも、そこに込められたパートナーの気持ちを汲み取るように努力しましょう。

 

慰謝料を請求するには、それだけで余計な労力を使うのです。

あなたと関係を持った浮気相手と対峙することになるのですから、それはパートナーにとって相当な苦痛をともないます。

できれば避けたいことをあえてするのは、気持ちが治まらないからです。

 

そのパートナーの心の痛みに気付いてください

そして寄り添ってあげて下さい

 

私の夫は、浮気をしたことに何も反省していませんでした。

もちろん、私の心情なんて考えたこともなかったと思います。

私自身は、離婚ができてほっとしていますし、正解だったとも思っています。

慰謝料も、離婚に対する精神的苦痛よりも浮気した夫への怒りや子供たちへの影響に対するものと捉えていました。

でも、あなたは離婚を回避したくて、ここを訪れて下さっていますよね。

 

あなたにはまだチャンスが残っています。

私の夫のようにはならないでください。

 

「浮気の慰謝料でそんなに高額もらえないよ」

「それ以外で必ず償うから、慰謝料請求なんてやめた方がいいよ」

なんて間違っても言ってはいけません。

 

それがたとえパートナーの気持ちを思いやって言っていたとしても、浮気への怒りや悲しみを心に抱えたパートナーからは浮気相手の肩を持っているようにしか思えないのです。

あなたは自分の行いを反省して、パートナーの気持ちとしっかり向き合いましょう。

 

ここに訪れて下さっているあなたは、きっとパートナーへの寄り添い方にも悩んでいるかもしれませんね。

ここで、私からおすすめしたいパートナーと向き合う方法をお伝えしますね。

 

あなたはまず、パートナーの怒りを受け止めてあげて下さい。

とことん話し合って、パートナーの浮気されたことへの怒りを漏らさず、すべて言わせてあげましょう。

その時には、よほど事実と違うことを言われていない限りは、途中で反論はせずに聞き役に徹して下さい。

 

そしてもしパートナーが求めるなら、反省の証として「二度と浮気をしない」という念書を書くと、夫婦関係の再構築へのあなたの本気度を示せます。(口だけなら、私の夫と同じように何とでも言えますから…)

このように浮気に対するパートナーの思いとあなたの反省を二人でしっかり共有した後は、再構築へ向けて行動で示していきましょう。

 

まるで出逢った頃のように、パートナーとの関係を一から構築していくように接して下さい

決していきなり元の関係が戻ったようにふるまってはいけません。

 

あなたは一度夫婦関係を壊しています。

一度壊れた関係は、当たり前ですが一瞬では元に戻りません。

これから二人の関係を育てていくように、信頼関係を取り戻そうとする努力を忘れないで下さい。

 

「浮気の慰謝料、離婚しない場合の相場は?離婚の有無の影響はある?」まとめ

 

今回のまとめです。

  • 慰謝料の相場は50万円~300万円
  • 慰謝料の計算には様々な要因が複雑に影響する。
  • 慰謝料問題を関係修復につなげるには、パートナーを肯定して、何よりも気持ちを汲み取ることが大切。

慰謝料が本当に傷ついたパートナーの気持ちを癒してくれるでしょうか。

 

私はそうは思いません。

でも、パートナーの中で一つの区切りをつけてあげるためには必要なものだと思います。

あなたにとって、慰謝料の請求が現実味を帯びてくると、何より気になるのがその相場や具体的な金額であることは当たり前です。

 

でもその後ろに隠れてしまっているパートナーの気持ちを置き去りにはしないで下さい。

離婚を回避して関係を修復していくには、自分の行いを反省し、パートナーの気持ちに寄り添う必要があります。

 

お金が絡むとどんな関係でもギクシャクしてしまうことが多いものです。

浮気をしたあなたとパートナーの間も例外ではありません。

むしろ関係は悪化してしまうとしか思えないでしょう。

でも、慰謝料は対応次第によってはあなたの味方になってくれるはずです。

この機会を逃さずに、徹底的にパートナーに寄り添っていきましょう。

 

慰謝料を味方につければ、「慰謝料請求=離婚」という方程式にはまらずに済むかもしれません。

 

そこで次の記事では、慰謝料を離婚回避のためにどう利用していくかについて詳しくお伝えしていきますね。

 

慰謝料を払うと即離婚!?請求されても離婚しないためにできること

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル