離婚を考え直す手紙のポイントは?やってしまいがちな5つの地雷!

 

こんにちは。ゆりです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

浮気⇒離婚という場合、あなたはどのようなパターンを考えますか?

 

  • 職場の同僚との不倫がバレた(ええ、よくありますよね)
  • 元カノと連絡を取っているのがバレた
  • 2回目、3回目の浮気がバレた(これは私の元夫の場合でもあります)

 

これらのことから、あなたのパートナーは行動にも出ているはずです。

 

  • 実家に帰った(あなたが家から追い出された)
  • 離婚したいと宣言された
  • 相手に慰謝料を請求すると言われている

 

このような感じではないでしょうか。

これらは夫の浮気から離婚することになった私も経験しています。

でも、あなたはまだ離婚まではいっていません。

それならば、パートナーが離婚しようと思っていることを考え直させることができます。

 

今までこのサイトではそのような時に有効なのは手紙なのだとお伝えしてきました。

とはいっても、どのような手紙を書けばパートナーの心に届くのかわからない状態だと思います。

そこで、今回はパートナーに対する謝罪の手紙の書き方パートナーに対してやってはいけないことなどをお伝えします。

 

この記事を読んでいただければ、以下のことが分かります。

  • 謝罪の手紙を書くことのメリット
  • パートナーに対する地雷表現
  • パートナーに離婚を考え直してもらえる手紙のポイント

手紙を書くことのメリット

あなたは最近、手紙を書いたことがありますか?

連絡手段としてLINEメールが一般的になってきているので、改めて手紙を書くということは少なくなってきているでしょう。

でもそれだけに手紙をもらう、ということは特別な感情を与えることができます。

あなたの浮気で傷ついているパートナーの気持ちを少しでも和らげることができるかもしれません。

だからこそ、離婚を考え直してもらえる大きなきっかけとなる可能性があります。

 

手紙という手段はアナログではありますが、それだけに感情に訴えることのできるツールです。

今までにも手紙を書くことのメリットをお伝えしてきましたが、改めてお伝えしていきますね。

 

離婚回避したい!必ず気持ちが伝わる別居中の妻への手紙の書き方

 

直接会わなくてもいい

浮気をしたということで、あなたはパートナーに対して遠慮してしまう部分があるかもしれません。

パートナーが実家に帰っているという可能性もありますよね。

そうなったら、謝罪の言葉を直接伝えるということはかなり難しくなってきます。

 

連絡手段としてはLINEがあるから大丈夫。

 

あなたはそう思っているかもしれません。

でも、LINEで告げられた謝罪の言葉よりも、手紙で伝えられた言葉の方に重みを感じるのではないでしょうか。

なにより、LINEだとブロックされてしまったり既読スルーされてしまう場合があります。

そんな時、手紙だとそんな心配はありません。

 

離婚回避にメール・LINEは有効?手紙を勧める本当の理由とは?

 

もっとも、手紙の場合は封を切られないという可能性もあります。

でも、パートナーがあなたの浮気のことで怒っているのはどうしてなのか考えてみてください。

 

愛の反対は憎しみではなく無関心です』という言葉があります。

 

あなたのやったことに対してパートナーが怒っている間は、やり直せる可能性があるのです。

だからこそ、直接会わなくてもいい手紙で自分の気持ちを伝えるということはとてもメリットが大きいのです。

 

本気度を伝えられる

先ほどもお伝えしましたが、LINEやメールは気軽に送ることができるので、「軽く見られる」可能性が高くなります。

パートナーが本気で離婚を考えているとしたら、それに対する覚悟はかなりのものだということが考えられます。

あなたはそれを上回るだけの本気度を見せないと、パートナーの気持ちを変えることはできないのです。

 

なによりも「離婚してしまうかも」というのは人生の一大事ということが言えますよね。

そんな時に手軽だからとSNSを使ったりすると、「軽く考えている」という風にとられかねません。

そうなると、パートナーの気持ちを変えることは不可能になってきます。

あなたが本当に「パートナーとやり直したい」「離婚したくない」と思っているのなら・・・

 

本気度が高いということを伝えるためにも、手紙というツールを使うことがお勧めなのです。

 

思っていることをきちんと伝えられる

あなたは浮気したことをパートナーに責められていることと思います。

その時、こんなことはありませんでしたか?

 

パートナーの質問や要望にどんな答えを返しても、結局は怒られてしまう。

 

このことにあなたは理不尽さを感じていることと思います。

でも、こうなってしまうのにも理由があるのです。

あなたに感情をぶつけている時、パートナーも混乱していて自分がどうしたいのか分かっていないのです。

 

こんな時は何を言っても冷静に聞いてもらえるということはありませんよね。

だからこそ、手紙にあなたの気持ちを伝えてもらうのです。

 

またちょっとしたニュアンスやイメージの違いで伝える内容が大きく変わることもありますよね。

文章にすることで、内容を十分に見直したり確認をしたりすることができます。

あなたの思っていることがパートナーにきちんと伝われば、離婚を考え直してもらえる可能性がありますよね。

 

地雷表現で離婚決定?

あなたがパートナーに対して謝罪の手紙を書く時、気をつけておくことがあります。

今までに手紙の書き方の相談を受けたことがありますが、逆にパートナーを怒らせるような表現もありました。

 

浮気したことは悪いことなのは間違いありません。

でも、謝罪は浮気をしたことだけでいいと思っていませんか?

 

パートナーにしたことで何が悪かったかということをあなたは自覚しないといけないのです。

 

ここで、パートナーに対する地雷表現をお伝えします。

これをわかっていないと、謝罪の手紙も表面だけのものになってしまいます。

 

嘘を重ねる

「食事には行ったけど、他のメンバーも一緒にいた」

「相談を受けているうちに、終電の時間になって泊ってしまった」

あなたはパートナーへの手紙にこんなことを書いていませんか?

これが本当のことだとしても、いい年をした男女が一緒にいて何もなかったと思うことはないでしょう。

 

たしかに証拠がなければ追及はされないかもしれません。

でも、パートナーはあなたが「嘘をついた」ということにショックを受けているのです。

あなたに対して、「浮気をしていないか」と問い詰めることはとても勇気がいります。

私も浮気には目をつぶって生活できるのではないかと考えた時期もあります。

 

ここで重要なことが一つあります。

 

正直に認めて、謝罪をしてくれたら離婚はしない。

 

パートナーがそう思っている確率はとても高いです。

浮気をしたということよりも、嘘をついたということの方が重大な問題だといえるのです。

そして、そのことを手紙にまで書いてしまうということが絶対にダメなんです。

 

逆ギレ

「何もしていなかったと言っているだろう!」

「携帯、勝手に見るのはプライバシーの侵害だ!」

「疑うなら、出ていけばいいだろう!」

パートナーから「浮気をしているのでは」と言われた時、こんな反応をしたことはありませんか?

 

たしかに携帯を勝手に見るのはプライバシーの侵害でしょう。

でも、こういう時に法律や権利義務などを主張することに意味があるでしょうか?

 

裁判ということになったら、これらのことは主張できるでしょう。

でも、謝罪の手紙を書こうとしているということは、パートナーと話し合うつもりがあるんですよね。

そんな手紙の中で自分の権利を主張するということは絶対にダメです。

 

こういう時に必要なのは、権利や義務ではありません。

お互いのことを思いやる気持ちと愛情が必要なのです。

ここで逆ギレした手紙を送ると、パートナーの気持ちを和らげるなんてことはできませんよ。

 

離婚を容認

あなたは自分から離婚するということを決められると思っていませんか?

パートナーから浮気を理由に離婚を切り出された時、こじれると男性側からこんな言葉が出てきます。

 

「そんなに疑うなら離婚だ!」

「離婚したいならしてもいいよ」

 

これらの言葉は、男性側が離婚を決めることができると思っているからでしょう。

しかし、浮気が理由の場合、あなたは有責側です。

そして、有責側には選ぶ権利はないと思っていてください。

 

離婚するかどうかを決めるのはパートナーです。

 

そして、パートナーが聞きたいのは、離婚を容認する言葉ではないのです。

パートナーが望んでいるのは「僕はそれでも離婚したくない。君を愛しているから」という言葉です。

本気で謝罪の手紙を書こうと思っているのなら、これくらいのことを書かないといけません。

これを受けて、「次はもうないんだからね」とパートナーが口にすることができるのです。

 

パートナーのせいにする

  • パートナー以外の相手と二人きりで食事に行く
  • パートナー以外と手をつないで歩く

 

これらのことが浮気と言われることになるのは、あなたもわかっているでしょう。

また、不倫の理由としてあげられることに次のようなものがあります。

 

  • セックスレスで寂しかった
  • 子どもができて、パートナーから相手にされていないと感じた

 

もっとも、これらが理由だとしても不倫が許されるわけではないのです。

ましてや、パートナーが原因だというようなことを手紙に書くのは絶対にやめてください。

 

あなたが浮気をした理由がそれだったとします。

そして、パートナーの質問に正直に答えただけだとしても、パートナーが受けるショックは大きいです。

 

夫婦間にいろいろな事情があるのは、私にもよくわかります。

あなたが浮気をした理由も、あなただけに原因があるのではないでしょう。

でも、それをどう伝えるかということが、パートナーに離婚を考え直してもらう大きなポイントになるのです。

 

浮気相手を守ろうとする

あなたに質問があります。

パートナーから浮気のことで問い詰められた時、浮気相手を守ろうとしますか?

この時、「守る」という答えを出したあなたは、冷静に考えてほしいのです。

 

あなたは誰の味方ですか?

 

浮気をしたことは、あなたもですが相手も悪いのです。

責められるのは当然ですし、場合によると慰謝料の請求という話にもなるでしょう。

そんな浮気相手を守るということは、パートナーの心を傷つけているということです。

 

「そんなに相手のことが大切なら離婚しましょう」

 

パートナーの口からそんな言葉が出てくるのは、時間の問題です。

あなたが謝罪の手紙のなかで、浮気相手のことを守りたいと思って書いた言葉。

それがパートナーにとっては耐えられない苦痛になるのだということを忘れないでくださいね。

 

離婚を考え直してもらう手紙のポイント

パートナーに離婚を考え直してもらうための手紙を書く時ポイントは、どのようなものがあるでしょう。

 

ここで重要なことをお伝えしておきます。

謝罪をする時に大切なことは、自分がどう思うかということではなく、パートナーが何を求めているか、ということを理解しないといけないのです。

これはパートナーの言葉をきちんと聞いていれば、簡単にわかることです。

 

しかし、今のあなたにそれができていますか?

今までに相談を受けた男性のほとんどに共通していることですが、彼らはパートナーの言葉を聞いていないのです。

そのためにせっかくの謝罪文が自己満足の文章になってしまっているのです。

 

「これからは家事や育児を頑張る」

「浮気はもうしないから信じてほしい」

 

パートナーはそんな表面だけの言葉を聞きたいのではないということをちゃんと理解しておいてください。

では、手紙を書く時に気をつけておくポイントを紹介しますね。

 

パートナーの気持ちを考える

浮気をされたことでパートナーの気持ちは不安定になってしまっています。

それだけではなく、深い悲しみもそこにはあるのです。

 

  • 愛されていたと思っていたのはすべて嘘だったのか
  • 女性としての魅力がないのか

 

パートナーはあなたのことを信じることができなくなっています。

あなたが浮気をしたことで、パートナーは「自分と子どもを愛していないのだ」という風に感じています。

 

そして、年齢を重ねることで性欲が減少することもあるだろうと思っているのに、浮気相手とは肉体関係を持っていた。

このことはパートナーに「女としての魅力がないのだ」と言われているように感じてしまうのです。

 

そんなパートナーに対して、あなたはどのような言葉をかければいいでしょう。

このことを考えるのが、謝罪の手紙で離婚を考え直してもらう第一歩になってくるのです。

 

パートナーのSOSに気づく

パートナーは、あなたに浮気をされたことでの辛さや悲しみといったことを口にしてくれるでしょうか?

これはその人の性格によっても違ってくるのですが、自分の気持ちをすべて口にするとは限らないのです。

その理由はパートナーにもプライドがあるからです。

 

たしかにはっきりとは口にしないかもしれません。

でも、毎日の生活の中でのちょっとした仕草や言葉の端々からパートナーの意図を感じることはできるはずです。

 

あなたの浮気に気がついたことで「辛い」というSOSを出しているかもしれません。

あなたはパートナーが出しているこれらのことから真意をくみ取って、謝罪する必要があるのです。

 

「あなたには何を言ってもわからない」

「前にも同じようなことを言った」

「人の気持ちを本当にわかってくれているの?」

 

そんなことを言われている場合は、注意が必要です。

あなたがパートナーが出しているSOSにきちんと謝罪することが、離婚を考え直してもらう手紙の大きなポイントだということを忘れないようにしてくださいね。

 

離婚を考え直すのには手紙が一番!のまとめ

ここまで、浮気をしたことの謝罪文として手紙を書くことのメリットと、謝罪文を書く時に注意するべきことをいろいろとお伝えしてきました。

今回のまとめです。

  • 手紙を出すことにはいろいろなメリットがある
    (直接会わなくてもいい、本気度を伝えられる、思っていることを伝えられるなど)
  • 離婚を考え直してもらうための手紙を書く時は、嘘をついたり、逆ギレしたりしない
  • 誰の味方なのかということをきちんと考える    
  • 謝罪の手紙は自己満足の文章になってしまわないように注意する

離婚を考え直してもらうためには手書きの手紙というのはとても有効です。

でも、ここで注意しておいてほしいことがあります。

あなたの書いた謝罪の手紙は、謝罪や誓約だけということになっていませんか?

パートナーの気持ちを本気で動かしたいのなら、絶対に忘れてはいけないことがあります。

 

本気で反省している、と思ってもらえるようなペナルティを自分自身で課すこと、です。

 

そういった時、あなたはペナルティとしてこんなことを考えませんか?

 

  • 坊主にする
  • お小遣いをゼロにする
  • すべての家事育児をする

 

これらのことはペナルティにみえるかもしれませんが、パートナーは納得しません。

その理由はこれらは本質的なことではないからです。

 

 

あなたがパートナーに対するペナルティとして納得してもらえることは何か。

それは人間性を変えるということです。

 

また、あなたがパートナーに対して「離婚されたくない」と思っている理由は何か考えてみてください。

それはパートナーを愛しているからではありませんか?

 

浮気⇒離婚にならないようにするための謝罪の手紙での最大のポイントをお伝えします。

 

謝罪の手紙とは、どれだけパートナーのことを愛していて、感謝しているのか、を伝えるラブレターである、ということなのです。

 

もっとも、やりすぎるとロミオメールと呼ばれる気持ち悪い内容(「僕には君が必要なんだ」「君がいないと僕の人生は台無しになってしまう」というようなものです)になってしまうと思うので気をつけてくださいね。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル