離婚回避したい!別居中の妻と義両親へ謝罪の手紙を送る効果とは

 

こんにちは。ゆりです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

あなたの浮気がきっかけで、パートナーが離婚を決意し実家へ帰ってしまった場合。

離婚を切り出されてはじめて事の重大さに気付いたとしても、別居してしまった以上、話し合うことはおろかパートナーと会うことさえも難しくなります。

 

連絡をしても反応がない。

義実家へ行っても会わせてもらえない。

こんな場合、しつこく連絡したり何度も義実家へ押しかけるといった行動はNGです。

 

今回は、別居が夫婦関係修復に及ぼす影響について、パートナーと義両親へ心を込めた謝罪の手紙を送る効果についてお伝え致します。

この記事を読むと、あなたは次のことが分かります。

  • 別居期間が夫婦関係に及ぼす影響について
  • パートナーと義両親へ手紙を送る効果
  • 心に届く手紙の書き方

 

別居は離婚へのカウントダウン?別居の事実を認め謝罪することの重要性

もう、あなたとは一緒にいたくない。

話し合いたくない。

パートナーが家を出るということはあなたが思っているより重大な問題です。

パートナーの頭は離婚のことでいっぱいです。

 

義両親は今どんな気持ちでしょうか。

愛する娘が、離婚によりさらに傷つく姿を見たくないでしょう。

関係を修復できないかと何度も話をしたはずです。

しかし、あなたへの不満を聞かされ、新しく人生を切り開いていきたいと願う娘の気持ちを知れば、それもまた全力で応援したくなるのも親心です。

残念ながら、義両親があなたの味方になってくれる可能性は低いでしょう。

別居の事実をまずは受け止めること

あなたの浮気が原因で別居へと発展した場合、離婚したくないあなたにとってきわめて困難な状況であることを理解しなければなりません。

浮気は別居や離婚の正当な理由になるからです。

すでにパートナーは離婚に向けて一歩を踏み出した状態です。

会いに行っても話もできない状況ともなれば、義両親も離婚を後押ししていると考えるべきでしょう。

反応がないからといってしつこく連絡をしたり何度も義実家へ行くのは逆効果です。

計画的な別居の可能性もある

あなたが浮気を認めず簡単には離婚に応じてくれないだろうと考えたパートナーが、別居という事実を作るために家を出た可能性もあります

仮に裁判へと発展した場合、別居期間の長さによっては夫婦としての継続が困難であると裁判所が判断する理由になるからです。

 

あなたが離婚したくない理由は世間体のためですか?

慰謝料を払いたくないからですか?

違いますよね。

もしも、少しでも「たかが浮気くらいで離婚なんて」という気持ちがあるのなら、別居を長引かせずに離婚したほうがお互いの将来のためです。

本気で反省し、心からパートナーとやり直したい気持ちでいるあなたにとって、別居期間中は復縁できる数少ないチャンスでもあります。

あなたは別居という事実を受け止め、今できることをしなければなりません。

そのうちのひとつである、義両親への心からの謝罪はとても重要な意味をもちます。

義両親が娘を大切に思うと同じように、パートナーもまた両親を大切にしていることも忘れないでください。

ここで、パートナーと義両親へあなたの気持ちをどう伝えるかで、あなたの未来は大きく変わるのです。

 

離婚したくない!会えないパートナーと義両親へ謝罪の気持ちを伝える方法

このブログでは、直接話ができない場合にあなたの気持ちを伝えることのできる最適なツールは手紙だとお伝えしています。

あなたが心から反省しパートナーとやり直したい気持ちでいるのなら、手紙はあなたの気持ちを伝えることができる素晴らしいツールになります。

なぜメールやLINEではなく手紙なのか

手紙は、送るあなたがきちんと自分に向き合い、時間をかけて文章を考えなければ書けません。

一文字一文字、心を込めて丁寧に書かれた手紙なら、簡単に捨てられることはなく何度も読まれる可能性も高いです。

受け取るほうもメールやLINEとは違い、読む前には時間をとり気持ちを落ち着けてから読むことでしょう。

何度もメールやLINEを送るよりも確実にパートナーの心に届きます。

 

また、義両親へ謝罪の気持ちを伝えるのにメールやLINEでというわけにはいきませんよね。

話ができない状態であればなおさら、義両親への謝罪の言葉も手紙できちんと伝えるべきです。

 

パートナーと義両親へ謝罪の気持ちを伝える効果的な手紙の書き方とは

謝罪の手紙と言いましたが、反省文を書くのではありません。

パートナーへの手紙を書く上で重要なことをお伝えします。

パートナーは、今まであなたに対して持っていた不満の数々を「理解」し、「受け止め」「変わろうとする」あなたの姿勢に心を動かされるのです。

離婚に至った原因はあなたの浮気だけではありません。

手紙の内容は、夫婦としてコミュニケーションがとれなくなってしまった原因を理解し、パートナーの心に寄り添ったものでなければなりません。

「私の気持ちを理解してくれている」と感じることができて、はじめてパートナーは冷静になり、謝罪を受け入れることができるのです。

そして、義両親にとって娘の心の変化は容易に察知できるものです。

パートナーがあなたから聞きたい言葉は何か

別居する前にパートナーは何度もサインを出していたはずです。

誰だって離婚や裁判なんてしたくありません。

修復が無理だと思ったから家を出たのです。

パートナーは、別居した今も思い悩み、裏切りに傷つき苦しんでいるのです。

浮気を追求されて思わず言い訳したり嘘をついたりしませんでしたか?

「もう二度と浮気はしない」

「許してほしい」

このような謝罪の言葉を何度も伝えても、パートナーの心は動くことはないでしょう。

それは、すべてあなた目線の言葉だからです。

パートナーの立場になって、今かけてほしい言葉を伝えなければ意味がありません。

パートナーには、傷つき苦しむ心に寄り添う言葉と、あなたから大切に思われていることを確信できるような言葉が必要です。

パートナーの心に届く手紙の書き方

話し合いではとにかく許してもらいたいあまりに、パートナーの気持ちを後回しにして自分の気持ちを伝えてしまうものです。

手紙なら、落ち着いてパートナーの気持ちに寄り添う言葉とともに自分の気持ちも伝えることができます。

先ほどもお伝えしましたが、手紙は反省文ではありません。

効果的な手紙を書き方をお伝えします。

①謝罪の気持ちを伝える

まずは謝罪の気持ちを伝えます。

パートナーを傷つけてしまったことを心から謝罪してください。

②パートナーを肯定する気持ちを伝える

あなたの気持ちを受け止めますという肯定の気持ちを伝えます。

当たり前ですが、パートナーを責める言葉や否定する言葉を書いては手紙は最後まで読まれませんよ。

「あなたが私のことを許せない気持ちでいることを理解しています」

パートナーの気持ちに寄り添う言葉を伝えてください。

③パートナーへの感謝の気持ちを伝える

今までの過ごしてきた日々を振り返り、感謝の気持ちを伝えます。

パートナーがあなたに対してしてくれたことは「当たり前」のことではありません。

パートナーはあなたに大切に思われていないことに傷つき、家を出たのです。

今まで言えなかった、言わなかった感謝の気持ちを言葉にして伝えてください。

④復縁した後の未来を提示する

大切なことは、「変わろうとするあなたとなら、もう一度やり直せるかも」とパートナーの気持ちが揺らぐような言葉を伝えることです。

具体的に自分はこう変わるのでもう一度だけチャンスがほしいと伝えましょう。

 

パートナーの心に届く手紙の書き方
  • 謝罪の気持ち
  • パートナーを肯定する言葉
  • 今までの感謝の気持ち
  • 復縁した後の未来の提示

この手紙の書き方がなぜ効果的なのか。

理由と具体的な例文はこちらの記事で詳しく紹介しています。

離婚回避したい!必ず気持ちが伝わる別居中の妻への手紙の書き方

義両親への手紙の書き方

パートナーに手紙を書いたら、義両親への手紙もできるだけ早く書くようにしましょう。

義両親はあなたたち夫婦のことを心配し、心を痛めています。

今までもたくさんお世話になったはずです。

目上の人に対する尊敬と感謝の気持ちを込めて手紙を綴りましょう。

あなたの行いにより多大な心配をかけてしまったことを謝罪し、パートナーとやり直したい気持ちもしっかり伝えてください。

決して他人行儀なものではなく、義両親の気持ちに寄り添った手紙を書くようにしてください。

書き方はパートナーへの手紙とほぼ同じです。

くわしい書き方と例文はこちらの記事をお読みください。

離婚回避の切り札!思いが伝わる義理の両親への手紙の例文

夫婦の新しい未来を築くために

あなたが変われば、未来も必ず変わります。

今回は以下のことをお伝えしました。

  • 浮気してしまった以上、悪いのはあなた。別居期間を離婚回避の最後のチャンスととらえ、心からの謝罪の気持ちを伝えること。
  • 会えないパートナーと義両親へあなたの気持ちを伝えるには心を込めた手紙が最も効果的。
  • パートナーへも義両親へも謝罪だけではなく、感謝の気持ちをしっかりと伝えること。

夫婦関係がこじれたきっかけはパートナーにもあるかもしれません。

しかし、パートナーは浮気をしましたか?

していないですよね。

行動に移してしまったあなたに原因があるのですから、パートナーを責めても何にもなりません。

別居してはじめてパートナーの大切さに気付いたのならば、プライドは捨てて今すぐに行動に移さなければ手遅れになってしまいます。

 

離婚回避したいなら今こそ行動する時です

あの時こうしておけばよかったと後悔しないためにも、今、真剣に自分の気持ちに向き合ってください。

また、パートナーにとってあなたが自分の両親に対してどうのように対応するかは、とても重要な意味を持つことも忘れないでくださいね。

あなたの気持ちがパートナーへ届くことを願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル