離婚調停委員への苦情とは?妻の味方ばかりする時の対処法も

 

こんにちは、ゆりです。

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

前回は、調停委員への話し方についてお話ししましたね。

離婚調停委員に言ってはいけない!浮気夫が復縁できない話し方

 

調停委員にやってはいけないことや効果的な接し方について書きました。

離婚調停は、いかに調停委員へ自分の気持ちを伝えるかが重要だと分かりましたね。

 

調停委員は、一般市民の良識を反映するために、社会経験や専門知識が豊富な人の中から選ばれます。

その中には、弁護士・公認会計士・医師・建築士・不動産鑑定士などの専門家もいるのです。

 

年齢は、40歳~70歳未満で、60代以上の人が約70%。

離婚調停は夫婦の問題であることが配慮され、男女各一名ずつ調停委員がつきます。

 

さて、そんな調停委員ですが、実は苦情が多いのをご存知ですか?

 

裁判所が選んだ人なんだから、みんなちゃんとしているだろう。

あなたは、そう思っているかもしれません。

 

でも、調べてみると、そうではない調停委員もいるようです。

そこで今回は、調停委員に対する苦情はどのようなものか?についてお伝えしたいと思います。

 

とてもリアルなことをお話ししますが、決して驚かないでくださいね。

 

この記事を読んで頂ければ、あなたは以下のことが分かります。

  • 調停委員に対する苦情はどのようなものか?
  • 調停委員が妻の味方ばかりする時の対処法

    調停委員への苦情とは?

    調停委員への苦情とは、どのようなものでしょうか?

    調停委員への苦情の体験談

    では、具体的に離婚調停経験者の体験談をお伝えしていきたいと思います。

    ※今回の体験談は、浮気が原因の離婚調停とは限りません。あくまでも、調停委員に対する苦情として例に出しています。

     

    【体験談1】男性Mさん

    私が自分の意見を主張すると、年配男性の調停委員がペンを投げ捨てるような行為をしました。

    イライラしているのが顔に現れていて、とても威圧的な態度を取られました。

    嫌な気分になりましたが、めげずに話し合いを進めました。

     

    【体験談2】男性Sさん

    男性の調停委員があからさまに妻の肩を持ち、私を侮辱する発言をしたあげく、こちらの不利にさせられました。

    今までの子供との関係を否定されたりもしました。

     

    【体験談3】男性Iさん

    調停中なのに、調停委員の携帯が鳴りだしてメールをチェックしていました。

    さすがに、これはないと思います。私の話も真剣に聞いてくれませんでした

     

    【体験談4】男性Tさん

    調停委員に納得がいかないことを言われたので、否定すると理不尽なことを言われました

    「ボランティアでやっているのに、なぜこんなことを言われなければならないのか?」と。

    プライドが高く、上から目線だと感じました。

     

    また、こちらはパートナー側の体験談です。

    同じ浮気をされた女性の立場として、腹が立ちましたので、参考のために載せておきます。

    【体験談5】女性Yさん

    「気持ちはわかるけど、男って浮気しちゃう生き物なんだよね。今回は許してあげて。」

    調停委員から、馴れ馴れしくこのようなことを言われてイラっとしました。

    調停委員の言葉が火に油を注いでしまっていますよね。

     

    体験談を見ていると、男性調停委員に対する苦情が目立ちました。

    調停委員は年配の方が多く、考え方が古い、価値観を押し付けられたという口コミも見られます。

     

    すべてがそうではないと思いますが、このように調停委員に対する苦情がたくさんありました。

    威圧的な態度を取られてしまった場合、気の弱い人であれば言いくるめられてしまいますよね。

     

    やはり、調停委員も人間なので、イライラが表に出てしまうこともあるのです。

    そうであったとしても、中立的な立場で冷静に対応して欲しいものですが。

     

    そして、男性にとっては残酷な事実もお伝えしておきます。

     

    女性の調停委員は、浮気をしたあなたに対して嫌悪感を持つかもしれません。

    同性なので、共感してパートナーの味方になってしまいがちなのです。

     

    男性調停委員の場合、女性であるパートナーはか弱いというイメージがあるので、ついつい味方してしまいます。

    そして、女性が美人だった場合、とても優しく対応することが多いのだそう。

     

    心理学で、ハロー効果というものがあるのをご存知ですか?

    何かを評価する時に、目立った特徴が他の要素に対しても影響を与えてしまうことです。

     

    つまり、人は、美人を見るとルックスだけでなく中身も優れていると思い込んでしまう傾向があります。

    人を外見で判断するのはよくないですが、それによってパートナーの味方になってしまうこともあり得るのです。

    調停委員が妻の味方ばかりする時の対処法

    調停委員がパートナーの味方ばかりする……そう感じてしまうのは仕方ありません。

    誰かどう考えても、調停委員はパートナーの味方をすると思いませんか?

    あなたは浮気をした立場なのですから。

    それを踏まえたうえで、あなたは調停委員に接さなければなりません。

    強引に離婚への合意を求められた場合

    調停委員が調停を成立させようとして、強引に離婚へ合意させようとしてくる場合があります。

    そんな時は、きっぱり、受け入れられないと伝えるべきです。

     

    ここで、ひるんでしまっては離婚まっしぐら。

    調停委員の言動に振り回されてはいけません。

    あからさまにパートナーの味方である発言をされた場合

    調停委員があからさまにパートナーの味方をする発言を繰り返す場合。

    その時は、端的にその事実を伝えてみましょう。

     

    「相手の味方をしていませんか?」

     

    本来なら、調停委員は中立的な立場でなければいけません。

    そのことは、調停委員自身も分かっています。

     

    あなたから、このように指摘されれば、調停委員は焦って否定するはずです。

    また、やんわりと「どうしてそのようなことをおっしゃるのですか?」と切り返すのも効果的。

     

    あまりにもパートナーの肩を持つような発言が多い場合、冷静に伝えることで調停委員に気づかせることができます。

     

    ただし、感情的にならず、冷静に伝えることがポイントです。

    調停委員と対立してもあなたには何もメリットがありません。

    調停委員に対する苦情を申し出る

    調停委員に対する苦情を申し出ることができます。

    調停委員に対する苦情は、離婚調停を担当している書記官に伝えるか、裁判所の総務課で聞いてもらえます。

     

    まずは、担当書記官に申し出てみましょう。

    すると、裁判官に話が伝わり、調停委員に不適切な部分があることが確認されれば、改善をするように指導してもらえます。

     

    苦情を口頭で伝える時は、感情的にならず、冷静に

    怒りをあらわに激しい口調で訴えるのは逆効果で、あなたの印象を悪くするだけです。

     

    そして、ただ態度が気に食わないや自分に合わないという理由では受け入れてもらえません。

    誰がどう考えても理不尽で容認できないという訴え方をするのが重要です。

     

    調停委員の態度がそれでも改善されなければ、総務課に書面で申し出ましょう。

    口頭では、その場限りの対応になってしまう可能性もありますが、書面にしておけば何らかの対応がされます。

     

    裁判所によっては、苦情の内容を貼りだしたり、集計して調停委員に配布したりします。

    また、研修の時に改善するように調停委員に指導が行われることもあります。

    調停委員の言動に問題がある時はメモに残しておく

    そして、調停委員の対応に問題があると感じた場合は、行動や言動をメモに残しておきましょう

    • 人格を否定されたり、名誉を傷つけられた
    • 威圧的な態度を取られた
    • 自分の価値観を押し付けられた

    などや、具体的に言われた言葉を書き留めておくとよいです。

     

    離婚調停では録音ができません。

    メモをしておくことで、苦情を申し出る時に伝えやすくなります。

    離婚調停はいかに調停委員を味方につけるかが重要

     

    今回のまとめは、次の通りです。

    • 調停委員に対する苦情の例

     [1]威圧的な態度を取られた
     [2]話を真剣に聞いてくれなかった
     [3]侮辱されたり、人格を否定された
     [4]理不尽なことを言われた

    • 調停委員が妻の味方ばかりする時の対処法

     [1]受け入れられないと伝える
     [2]調停委員に冷静に伝える
     [3]調停委員に対する苦情を申し出る
     [4]調停委員の言動に問題がある時はメモしておく

       

      調停委員に対する苦情が多いことに驚きませんでしたか?

       

      もちろん、誠実に対応してくれる調停委員さんもたくさんいます。

      ですが、実際は調停委員にも当たり外れがあるということが分かりましたね。

       

      あなたは浮気をした立場なので、まず味方はされないと思っておいてください。

      ですが、あなたが離婚したくないという思いを真剣に誠実に伝え続ければどうでしょうか?

       

      あなた次第で調停委員の対応の仕方も変わってきます

       

      もし、理不尽な調停委員に当たってしまった場合。

      イライラしてしまい、声を上げてしまいそうになるかもしれません。

       

      しかし、ぐっと堪えて下さい。

      感情的にならずに、冷静に伝えることがとても大事です。

       

      調停委員はあくまでも、中立の立場であり、客観的なアドバイスをするべきです。

      どちらの味方であってもいけないはず。

      調停委員にあなたの人生を振り回させてはいけません。

       

      これからの人生を決めるのは、あなたとパートナーのはずです

       

      次回は、離婚調停は書面の提出が有効であることについてお話しします。

      離婚調停は、いかに調停委員に自分の気持ちを伝えるかが大事なのですが、それには書面が効果的なのです。

       

      離婚を回避する確率を上げるためにも、離婚調停が始まる前に書面を送付しておきましょう。

      ぜひ、次の記事にも目を通してみてください。

       

      離婚調停で復縁したい浮気夫は書面が有効?上申書の書き方

       

      最後まで読んでいただきありがとうございます。

       

       

       

       

      追伸

      ひとつ大切なお知らせです。

       

      無料のメールマガジンをお送りしています。

       

      ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

      今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

      このサイトでは書けなかった特別なこと

      例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

      きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

       

      もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

      あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

      詳しくはこちらからどうぞ。

       

      サンプル