あなたが変われば未来も変わる 妻に許してもらい離婚を回避する方法

こんにちは。ゆりです。

貴重なお時間を割いてこちらを訪問してくださってありがとうございます。

 

パートナーに浮気がバレて離婚危機・・・・。あなたはまさに崖っぷちにいる中でこのサイトを訪れてくださったのだと思います。

 

 浮気はほんの遊びだったのに・・・・

 愛しているのはパートナーだけ

 子どもと別れたくない!

 もう一度やり直すチャンスが欲しい

 

このサイトにたどり着いて救いを求めている、そんなあなたに、私からお伝えしたい特別な情報があります。

 

それは、あなたのこれからの新しい未来のために、最短でパートナーに許してもらい離婚を回避する方法です。

 

 

離婚はたくさんの周りの人を巻き込むことになります。

親族も知人たちも。何より愛する我が子を。

そして家族を失ったあなたに待っているのは・・・・

 

孤独です。

 

ただ悩んでいるだけでは、あなたはこのまま離婚まっしぐら。

それどころか、どうしても離婚したくないと争い続け、パートナーが離婚裁判という選択をしたのなら・・・

 

あなたは被告になります。

 

夫婦はもともと赤の他人。紙切れ一枚でもとの他人に戻れます。

 

でもまだ離婚届の提出を強行に求められていないのであれば、パートナーはまだあなたの行動に期待しています。

 

とはいえ、不用意な行動は逆にパートナーの心をどんどん遠ざけ逆効果です。

ほとんどの人は焦って無駄なことばかりやっているのです。

 

それだけはやったらダメなのに・・・・
そんな間違った行動を。

 

絶対に失敗しないためにあなたがするべきこと。それは、

  • 過去の離婚危機経験者に学ぶこと
  • 女性目線のアドバイスを知ること

この、たったふたつだけなのです。

 

 

私は離婚を経験しました。

そのこと自体はまったく後悔していませんが、離婚を決意してから実際に離婚するまでの過程の中で、本当に悩み苦しみました。

(私の離婚の詳しい経緯は、プロフィールと体験談をご覧ください。)

 

あの時、元夫がほんの少しでも私のことを「わかろう」と努力してくれたのなら・・・
そして自らの過ちを認め、「変わろう」と努力してくれたなら・・・

 

私はきっと離婚しないで済んだでしょう。

 

 

離婚は回避出来た方がいいに決まっています。

あなたのためにも、もちろんパートナーのためにも。

 

一般的に女性は頑固です。
そして時間が経てば経つほど、あなたへの想いは減り、決意は固まります。

あなたには時間がありません。

これからお伝えすることをしっかりお読みいただき、1分1秒でも早く、行動に移してください。

 

離婚回避出来た人たちはどれくらいいる?

世の中には、無事に離婚回避出来た人たちはいったいどれくらいの割合でいるかご存知でしょうか?

 

1年間の離婚調停数はおよそ6万件と言われています。

このうち、そのまま離婚が成立するのが約4万件です。

 

つまり、残りの2万件は無事に離婚回避に成功しているのです。

三分の一ですから、決して少ない数字ではありません。

 

しかもこの数字は、話し合いだけでは解決できずに離婚調停にまで持ち込んでしまったケースの中での数字です。

話し合いの段階で離婚回避出来た人たちは、もっともっとたくさん存在しているのです。

 

ですから、このたくさんの離婚回避成功者に学び、いまやるべきことを理解すれば、あなたにも充分な可能性があるのです。

 

なぜ離婚回避に成功した人の情報が少ないのか?

離婚回避した人たちはたくさん存在しているのに、なぜその情報があまり出回っていないのでしょうか。

あなたも、この記事にたどり着くまでに同じことを思いませんでしたか?

いくら検索しても、出てくるのは弁護士事務所の情報ばかりだったのではないでしょうか。

 

ちなみに、離婚回避の助けを弁護士に求めるのは大きな間違いです。

もちろん、弁護士の専門知識は何物にも代えがたい大切な情報です。

でも、弁護士が力になってくれるとしたら、それは「離婚をする時」です。

お互いの条件を話し合ったり、慰謝料や養育費の金額を決めたりするときに、専門家である弁護士の存在はとても重要です。

 

でも、あなたが望んでいるのは離婚回避ですよね?

 

お金や法律で、あなたのパートナーの怒りは静まりません。

ましてやあなたの過去の過ちも消えません。

 

あなたがパートナーの気持ちをどう受け止めて、どう行動すべきなのか。そんなことは彼らにはまったく関係のないことなのです。

離婚回避のために弁護士に相談することは意味がない、と覚えておいてください。

 

 

お待たせしました。本題に戻ります。

 

離婚回避の情報が少ない理由。

それは離婚回避成功者が人にそれを語りたがらないからです。

 

考えてもみてください。

自分に非があってパートナーに離婚を言い渡されたのなら、人にそうそう話せるわけがありません。

誰かに相談したところで、あっという間に知れ渡ってしまうでしょうし。

 

ですから離婚危機にあっても、そしてそこから無事に離婚回避しても、まったく何ごともなかったかのように振る舞っている人がほとんどなのです。

その結果、離婚回避に成功した人の話が外に伝わってこないのです。

 

情報がないと、人は自分勝手な行動でなんとかこの危機を乗り越えようと必死になります。

だからみんな間違ったことばかりやってしまうのです。

 

それだけはやったらダメなのに・・・

 

そしてもう取り返しのつかない事態に追い込まれてしまいます。

 

あなたはそんな失敗をしてはいけません。

 

あなたとパートナーの新しい未来を作り直すために、離婚回避に成功した人たちの行動に学びましょう。

 

離婚回避のために必要な女性目線のアドバイス

 

離婚回避のためにあなたに必要なのは、徹底的な女性目線のアドバイスです。

 

私の相談者様の多くがおっしゃる言葉があります。

 

「パートナーの気持ちがわからない」

 

パートナーが何を考え何に怒り何に苦しんでいるのか、それが理解できないというのです。

「だって俺はこんなに謝っているのになんで許してくれないの?」

そうおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

実はその「こんなに謝っているのに」があなたの離婚危機を招いているとも知らずに。

 

こういう方に「パートナーに伝えたい感謝の言葉を教えてください」とお聞きすると、
ほとんどの方がこのように答えます。

  • 「美味しいご飯をありがとう」
  • 「家をきれいにしてくれてありがとう」
  • 「毎朝起こしてくれてありがとう」
  • 「子育てを頑張ってくれてありがとう」

 

はい、ここでお尋ねします。

この一見感謝の言葉のように思える言葉を、あなたはどう思いますか?

 

実はこれは、パートナーに絶対言ってはいけない言葉の見本です。

 

パートナーはあなたの家政婦ですか?

あるいは母親ですか?

違いますよね。

 

パートナーはその名の通り、あなたの人生のパートナーであり、一人の独立した人間です。

決してあなたの世話をするための家政婦ではありません。

 

こんな言葉をいくらパートナーに訴えても、彼女の怒りは増すだけです。

そしてそれが理解できていないから、あなたは今、離婚危機にあるのです。

 

感謝の言葉というのは、その相手を肯定しているよ、という気持ちの表れです。

プライドが傷ついて怒っているパートナーは、あなたに「いつも本当にありがとう。悪いのは僕で君は全然悪くないよ」と、自分を丸ごと肯定して欲しいのです。

 

それなのに、家事ばかり褒められたら、

「ふざけるな!」

と、出ていきたくなるのは当たり前のことです。

 

もうわかりましたね。

あなたは、パートナーの気持ちがわからないのではありません。

最初からわかろうとしていないだけなのです。

 

 

また、あなたは私のサイトにたどり着くまでに、いろいろなサイトを見てきたことと思います。

そのどれもが、男性の書いているサイトではありませんでしたか?

 

パートナーの気持ちを動かすには、彼女の気持ちを理解することが最重要です。

それなのに男性目線でのアドバイスで、果たしてそれが可能でしょうか。

 

女性の気持ちは女性に聞くのが一番です。

そもそもあなたは、パートナーの気持ちをまったく理解出来ていないのですから。

 

実際に離婚を経験し、心理カウンセラーの資格を持つ私なら、あなたに最善のヒントをプレゼント出来ます。

 

それでは実際に、私があなたにご提供できるアドバイスをご紹介しましょう。

 

【実例】離婚回避相談と手紙の添削事例からわかる!あなたが今するべきこと

私は今まで数えきれないほどのご相談と手紙の添削をさせていただきました。

その事例を参考にさせていただきながら、ぜひみなさまに知ってほしいこと、実行して欲しいことを
ひとつのnoteにまとめました。

【実例】離婚回避相談と手紙の添削事例からわかる!あなたが今するべきこと

 

先ほどもお伝えしたように、離婚危機の方の情報も、離婚回避成功者の状況も、全然世の中に出回っていないのが現実です。

ですから私の相談者様の中には、何人もの心理カウンセラーを渡り歩いた方や、弁護士事務所を訪ね歩いた方、占い師に頼った方、いろいろな方々がいらっしゃいます。

みなさん、多額のお金を取られ、結果、何も解決せず、
それどころか、追い詰められて普段なら考えられないような行動を犯してしまうのです。

絶対にNGな行動

・パートナーの実家に押しかける
・執拗に復縁のメールを送り続ける
・子どもの学校で待ち伏せして連れ去る
・パートナーの悪口を言いふらす
・パートナーを暴力で支配しようとする
・浮気を相手の女性のせいにする

もともと離婚危機だったうえに、さらに多くの信頼を失う言動は、パートナーの心もズタズタに傷つけてしまうことでしょう。

そして取り返しのつかない結果を招いてしまうのです。

私の読者さまには、絶対にそんな失敗をして欲しくありません。

今、何をすべきか、そして何をすべきではないのか、

ぜひ12の事例からひとつでも多くのヒントを受けとってください。

 

内容の一部をご紹介します。

実際にあった「離婚回避相談」12事例より

✔絶対にバレない?慢心が生んだ浮気の結末は泥沼へ。解決の糸口は何通もの手紙

✔「たかが遊び」が火をつけた夫婦の導火線の行方は?

✔浮気がバレて判明した夫婦の本当の気持ちとは?新しい2本の道の方向性

✔体も心も愛し合おう。夫婦の本当のセックスについて

✔見えない暴力「モラハラ」の悲劇。妻の心を絶望から救ったのも一通の手紙

✔「学歴がすべて」誤った意識を変えてくれた妻の命がけの行動とは?

✔愛=束縛の悲劇。自分の闇と向き合うことが復縁の第一歩

✔永遠のテーマ「嫁姑問題」。解決のカギを握っているのはあなただけ

 

相談と合わせて、たくさんの手紙の事例もご紹介しています。

手紙は、ただ書けばいい、というものではありません。

無神経な手紙なら、むしろ書かない方がよほどマシです。

 

事例の中では、大失敗した手紙の例と、そこから相談者様が自ら学び、どんなに素晴らしい手紙を書くに至ったかまでを、詳しくご紹介しています。

 

人は年齢を重ねるほどに、保守的になります。

それは「今の自分を否定されることが怖いから」という自己防衛本能なのだそうです。

でも、そうやって変わることを否定していたらあなたの周りの状況も何も変わりません。

まずは、離婚危機にあった他のみなさんの声に耳を澄まし、
そして離婚回避成功者から学んで下さい。

 

そうすればきっと、
あなた自身が変わるべき道筋が見えてきます。

※もちろん、実際の事例を題材にはしておりますが、個人情報に最大限に配慮し、状況・設定などに変更を加えておりますのでご了承ください。
個人が特定されるようなことは決してありません。

 

離婚回避したいあなたへ送るメール相談と手紙の添削

メール相談と手紙の添削は、徹底的な女性目線で「あなただけ」の悩みに寄り添う、私オリジナルのサービスです。

先ほどご紹介した事例も、この相談の中からご紹介しています。

 

メール相談

離婚危機に至った事情は人それぞれです。

例えば「浮気」という離婚原因は同じでも、それを取り巻く環境や状況はまったく違います。

浮気の回数、理由、相手をパートナーが知っているか、子どもの有無、実家との関係、持ち家か賃貸か、お金の管理、婚姻費、職場にバレてないか、共通の友人との関係、パートナーの心理状況、あなたの心理状況

少し考えただけでも、様々なことが離婚危機に絡んでいます。

 

もちろん、私のサイトやメルマガからたくさんのヒントを得られますが、
あなたが今すぐに離婚回避をしたいのなら、あなたの悩みにフォーカスする必要があります。

 

心理カウンセラーとして、そして離婚を経験した一人の女性としての私のアドバイスは
あなたの未来を考える大きな指針となるでしょう。

 

ゆりのメール相談と手紙の添削

 

手紙の添削

実は、私のところへのご相談で一番多いのが、この手紙の添削です。

 

人に本当の思いを届けるのは簡単なことではありません。

ましてやそれが「離婚を決意したパートナー」に宛てたものなら尚更です。

あなたがどんなに言葉を尽くしても、会話だけではまず難しいと思っていいでしょう。

 

手紙なら、何度も推敲しあなたが紡いだ言葉を、パートナーの都合のいいタイミングで読んでもらえます。

 

でも先ほどもお伝えしたように、書き方を間違えると離婚決定まっしぐらです。

 

よくある間違ったパターンは、ひたすら謝罪の言葉を並べるというもので、私の相談者様にも一番多い過ちです。

 

謝るだけなら警察はいらない。

子どもの頃からよく言われましたよね。

謝罪の分だけあなたの罪が軽くなるわけではありません。

それどころか、行き過ぎた謝罪は逆に怒りを倍増させます。

 

謝罪よりも大切なことは、パートナーへの感謝、そしてあなたが変わることで見せられる明るい未来の提示です

 

私がおひとりおひとりの事情に合った的確な内容を、細かくアドバイスいたします。

 

でも文章を書くのは本当に苦手・・・
そういう方も安心してください。

 

パートナーの心に響く言葉の選び方はもちろん、接続詞の使い方、てにをはに至るまですべて私がチェックして、完成まで必ずお付き合いいたします。

 

 

手紙を書いている時間は、その人を思う時間でもあります。

手紙をもらう方にも、その思いが伝わるからこそ、特別なものになるのです。

 

私と一緒に、あなたの本当の気持ちを言葉に載せて届けましょう。

ゆりのメール相談と手紙の添削

 

離婚を回避してあなたの新しい未来を手に入れよう

ここで、このサイトのURL名である「time is no money」についてお伝えします。

時間はお金では買えません。それくらい貴重なものであり、そしてすべての人に平等です。

そういう思いを込めて付けました。

 

その貴重な時間をあなたはこのまま無駄に費やしてはいけません。

 

いまこの瞬間にも、あなたに残された時間は確実に減っているのです。

パートナーの心が決まってしまう前に、いますぐ行動に移しましょう。

 

とはいえ、人の事例を読んだり、個人的な悩みを人に相談することに抵抗のある人もいるかもしれません。

人生は選択の連続です。

いますぐ最速の道を選ぶのか

あるいは、あなた自身で考えた方法で模索するのか

選択するのはあなた自身の自由です。

 

ただひとつ言えることは、あなたを変えるのはあなたしかいない、ということです。

 

 

夫婦は元は赤の他人です。
互いに思いやり合い、慈しみ合う努力をしなければ、
あっという間にその関係は崩れ落ちます。

 

長い年月にわたり、あなたが知らぬ間に傷つけていたパートナーの心に寄り添い、新しい未来を歩むきっかけにしてください。

 

 

そして想像してみてください。

パートナーと子どもたちと過ごす、笑顔があふれる明るい未来を。

今、あなたに吹いているであろう逆風も、反対側から見れば順風になります。

この危機を乗り越えたあなたは、人の痛みのわかる素晴らしい人間に生まれ変わっていることでしょう。

 

ものごとは考え方ひとつで大きく変わります。

ピンチをチャンスに。

大丈夫。

過去と他人は変えられませんが、未来と自分は必ず変えられます。

 

あなた自身の行動で自分自身の未来を切り開きましょう。

 

ゆりより。

 

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル