あなたが変われば未来も変わる 妻に許してもらい離婚を回避する方法

こんにちは。ゆりです。

貴重なお時間を割いてこちらを訪問してくださってありがとうございます。

 

パートナーに浮気がバレて離婚危機・・・・。あなたはまさに崖っぷちにいる中でこのサイトを訪れてくださったのだと思います。

 

 浮気はほんの遊びだったのに・・・・

 愛しているのはパートナーだけ

 子どもと別れたくない!

 もう一度やり直すチャンスが欲しい

 

このサイトにたどり着いて救いを求めている、そんなあなたに、私からお伝えしたい特別な情報があります。

 

それは、あなたのこれからの新しい未来のために、最短でパートナーに許してもらい離婚を回避する方法です。

 

 

離婚はたくさんの周りの人を巻き込むことになります。

親族も知人たちも。何より愛する我が子を。

そして家族を失ったあなたに待っているのは・・・・

 

孤独です。

 

ただ悩んでいるだけでは、あなたはこのまま離婚まっしぐら。

それどころか、どうしても離婚したくないと争い続け、パートナーが離婚裁判という選択をしたのなら・・・

 

あなたは被告になります。

 

夫婦はもともと赤の他人。紙切れ一枚でもとの他人に戻れます。

一般的に女性は頑固です。そして時間が経てば経つほど、あなたへの想い減り、決意は固まります。

でもまだ離婚届の提出を強行に求められていないのであれば、パートナーはまだあなたの行動に期待しています。

 

とはいえ、不用意な行動は逆にパートナーの心をどんどん遠ざけ逆効果です。

ほとんどの人は焦って無駄なことばかりやっているのです。

 

絶対に失敗しないためにあなたがするべきこと。それは、「過去の離婚回避成功者の真似をすること」です。

 

私は離婚を経験しました。

そのこと自体はまったく後悔していませんが、離婚を決意してから実際に離婚するまでの過程の中で、本当に悩み苦しみました。

(私の離婚の詳しい経緯は、プロフィールと体験談をご覧ください。)

 

あの時、離婚を回避する方法はなかったのだろうか…そう考える中でひとつのマニュアルと出会いました。

それがこちらになります。

 

(必ずこのボタンからお入りください)

男性に向けて書かれたものですが、女性の私でも、自分のあの時の怒りと悲しさはここから来ていたのか・・と初めて気付かされ、まさに目からうろこが落ちる思いでした。

あの時、元夫がこれを読んで私の本当の怒りの理由に気付いてくれたら・・・

 

私はきっと離婚をしないで済んだでしょう。

 

あなたには時間がありません。

これからお伝えすることをしっかりお読みいただき、1分1秒でも早く、行動に移してください。

 

離婚回避出来た人たちはどれくらいいる?

世の中には、無事に離婚回避出来た人たちはいったいどれくらいの割合でいるかご存知でしょうか?

 

1年間の離婚調停数はおよそ6万件と言われています。

このうち、そのまま離婚が成立するのが約4万件です。

 

つまり、残りの2万件は無事に離婚回避に成功しているのです。

三分の一ですから、決して少ない数字ではありません。

 

しかもこの数字は、話し合いだけでは解決できずに離婚調停にまで持ち込んでしまったケースの中での数字です。

話し合いの段階で離婚回避出来た人たちは、もっともっとたくさん存在しているのです。

 

ですから、このたくさんの離婚回避成功者に学べば、あなたにも充分な可能性があるのです。

 

なぜ離婚回避に成功した人の情報が少ないのか?

離婚回避した人たちはたくさん存在しているのに、なぜその情報があまり出回っていないのでしょうか。

あなたも、この記事にたどり着くまでに同じことを思いませんでしたか?

いくら検索しても、出てくるのは弁護士事務所の情報ばかりだったのではないでしょうか。

 

ちなみに、離婚回避の助けを弁護士に求めるのは大きな間違いです。

もちろん、弁護士の専門知識は何物にも代えがたい大切な情報です。

でも、弁護士が力になってくれるとしたら、それは「離婚をする時」です。

お互いの条件を話し合ったり、慰謝料や養育費の金額を決めたりするときに、専門家である弁護士の存在はとても重要です。

 

でも、あなたが望んでいるのは離婚回避ですよね。

 

お金や法律で、あなたのパートナーの怒りは静まりません。

ましてやあなたの過去の過ちも消えません。

 

あなたがパートナーの気持ちをどう受け止めて、どう行動すべきなのか。そんなことは彼らにはまったく関係のないことなのです。

離婚回避のために弁護士に相談することは意味がない、と覚えておいてください。

 

 

お待たせしました。本題に戻ります。

 

離婚回避の情報が少ない理由。

それは離婚回避成功者が人にそれを語りたがらないからです。

 

考えてもみてください。

自分に非があってパートナーに離婚を言い渡されたのなら、人にそうそう話せるわけがありません。

誰かに相談したところで、あっという間に知れ渡ってしまうでしょうし。

 

ですから、離婚危機にあっても、そしてそこから無事に離婚回避しても、まったく何ごともなかったかのように振る舞っている人がほとんどなのです。

その結果、離婚回避に成功した人の話が外に伝わってこないのです。

 

情報がないと、人は自分勝手な行動でなんとかこの危機を乗り越えようと必死になります。

だからみんな間違ったことばかりやってしまうのです。

 

それだけはやったらダメなのに・・・

 

離婚は回避出来た方がいいに決まっています。

あなたのためにも、もちろんパートナーのためにも。

 

あなたとパートナーの新しい未来を作り直すために、離婚回避に成功した人たちの行動に学びましょう。

 

大丈夫。あなたはこのマニュアルを読めば、たくさんのチャンスを手に入れることが出来ますから。

 

それではここからは、内容を詳しくお伝えしていきます。

 

第1章 どうして妻は許してくれないのか?

あたりまえのことですが、パートナーがあなたを許してくれない限り、離婚回避は無理です。

彼女が「絶対に許さない!離婚する!」と言い続ければ、あなたは話し合いの場から調停へさらには裁判へと、より不利な状況へと追い詰められ、離婚は成立してしまうのです。

ではどうしてパートナーはあなたを許してくれないのか?

あなたが知らなかった理由を紐解いていきます。

 

第1章の内容

✔あなたが許してもらえない理由は謝罪の仕方?土下座をしても許してもらえない本当の理由とは?

✔人が人を許せない一番の理由は「○○○された!」と思った時

✔男女の脳の構造の違いが巻き起こす、永遠にわかりあえないすれ違いとは?

✔暴力に「ついうっかり」という言い訳は通じない。一時の感情が引き起こす痛恨のミスとは?

✔パートナーの怒りの理由はすべて「○○○された」ことへの復讐だった

 

よくあるやってはいけないケースが、「ただひたすら謝る」ことです。

あなたがどんなに謝っても、パートナーの怒りは収まりません。行き過ぎた謝罪は逆に怒りを倍増させます。

 

例えばレストランやホテルなどで、客が「予約したのに取れていない!」などという、一見たいしたことないような理由で激しく怒っているのを見たことないですか?

あれは予約が取れていないから怒っているのではないのです。まさに「○○○された!」と思っているから怒っているのです。

これを理解しないと、パートナーの怒りは一生収まらないでしょう。

 

逆に言えば、これさえ理解すれば、離婚回避まであと一歩です。

 

第2章 妻から許してもらい、離婚を回避する方法

パートナーから許してもらって離婚を回避するには、ある大切なことを順番通りに伝える必要があります。

ここではそのいくつかのヒントをお伝えします。

 

第2章の内容

✔プライドが傷つけられたと思っているパートナーが、夫を許せるようになる唯一の方法とは?

✔怒り心頭のパートナーが夫に感じている本当の気持ちは、口にはしたくない感情

✔パートナーが望んでいるのは、あなたに○○をかいてもらうこと

✔実は離婚危機はずっと前から始まっていた?あなただけが知らなかった現実とは?

✔パートナーが天秤にかけたのは、自分のプライドとあなたの○○だった

✔あなたが絶対に使ってはならない離婚まっしぐらの最悪の言葉「〇〇のために」とは?

✔タイミングを間違えると火に油を注ぐ両刃の言葉とは?

✔安易な謝罪ではなく感謝の気持ちを伝える最も効果的な手段とは?

 

    感謝の言葉というのは、その相手を肯定しているよ、という気持ちの表れです。

    プライドが傷ついて怒っているパートナーは、あなたに「いつも本当にありがとう。悪いのは僕で君は全然悪くないよ」と、自分を丸ごと肯定して欲しいのです。

     

    また、たとえ怒りが収まったとしても、人はそう簡単に振り上げたこぶしを下ろせないものです。

    いわゆる「バツが悪い」という感情です。

     

    あなたにも身に覚えがありませんか?

    仕事で失敗した部下を人前で激しく叱責した時などに、みんなに「もうそのへんでやめたら?」と言われても、なんとなく引っ込みがつかずいつまでも引きずってしまうことが。

    その時に同僚が「君が怒るのはもっともだよ。よくしっかり教育してくれたね。でもそろそろ許してあげようよ」などと自分の行動を認めて肯定してくれたら、「そうだよね、俺も言い過ぎたかもしれないな」と素直にこぶしを下ろせるのではないでしょうか。

     

    ですから、パートナーのプライドを傷つけないように、今回の離婚騒動は正しかったのだと、彼女の行動そのものを肯定してあげましょう。

    そうして彼女の自己肯定感を満たしてあげることで、離婚という名のこぶしを下ろしてもらうきっかけを作ることが出来るのです。

     

     

    第3章 話し合いで離婚を迫られている場合の対応方法

    パートナーが話し合いで離婚を迫ってきている場合は、まだチャンスがたくさんあります。

    彼女が本当にあなたと早く離婚したいなら、一日でも早く別れるために離婚調停に持ちこんでいるはずです。

    それをまだしていないということは、パートナーにも迷いがあるということです。

    ですから、まだ修復の機会はたくさんあるので、最大の努力をしましょう。

     

    しかし人は、こういう時に限って絶対にやってはいけないことを犯しているものです。

    あなたにもきっと身に覚えのある「やりがちな4つのNG行動」についても詳しく説明しています。

     

    第3章の内容

    ✔「やりがちな4つのNG行動」は一歩間違えると犯罪になる危険な行動

    ✔「円満調停」は全然円満ではない?パートナーの気持ちを踏みにじる残念な結末とは?

    ✔我慢しきれずに言ってしまったひとことが招く最悪の結末とは?

    ✔パートナーに離婚調停を起こさせないためにするべき2つの行動とは?

    ✔「不戦敗」を避けることが出来るパートナーの「ある心境」。その変化の見極めポイントとは?(心理学編)

    ✔便りがないのはよい便り?夫の勘違いが招く落とし穴にはまらない秘訣とは?

    ✔「自分を変えるために○○○に通っている」というアピールが有効な理由とは?

    ✔金の切れ目が縁の切れ目?夫婦でも大切にするべき、本当のお金の話

    ✔パートナーの怒りを静めるために協力してもらうのは、一番身近なあの人だった

    ✔離婚回避に大切なことは、過去の反省ではなく未来の夢

       

      過去の反省はもちろん大切です。

      でも今あなたがパートナーにアピールすべきことは、「反省して変わった自分がパートナーに見せてあげられる未来」です。

      いくら謝罪を繰り返しても、過去の記憶も記録も消えません。

      それよりも、自分がパートナーに見せてあげられる明るい未来を提示する方が、はるかに彼女の心には響くことでしょう。

       

       

      第4章 離婚回避の流れと離婚調停のポイント

      これまでに説明してきたことを実践し離婚回避するための流れと、残念ながら離婚調停になってしまった時のことについてお伝えしています。

      実際に離婚調停の申立書が届くと、多くの人は本当に驚き焦り冷静さを失うことでしょう。

      そのために先ほどお伝えした「やりがちな4つのNG行動」に出てしまうのです。

       

      普段の冷静なあなたなら、決してそんなことはしないのに・・・。

       

      どうか慌てずに、まだまだ出来ることを誠実に実行していきましょう。

       

      第4章の内容

      ✔そもそも離婚調停とは?あなたの都合に関係なく決められる調停スケジュールの長い戦い

      ✔あなただけが知らない事実。戦いは調停が始まる前からスタートしている

      ✔あなたが不利な理由は、調停委員は事前にあなたの○○を読んでいるから

      ✔調停委員を味方につける決め手は、事前提出の書面と第一印象

      ✔知識の量が運命を分ける家庭裁判所のルールとは?

         

        忘れてはいけないことは、離婚調停の申立書が届いたということは、パートナーはそのずっと前から準備をしていた、ということです。

        申立てという行動にでるには、パートナーの方にも大きなエネルギーが必要です。

        そこに至るまでには、きっと長い葛藤があったことでしょうし、自分自身もたくさん傷つき苦しんだことでしょう。

        そこに気付けず、あるいは気付いていても防げなかったあなたは、スタートの時点で大きく出遅れていることを忘れないでおきましょう。

         

        第5章 妻に送付する手紙のサンプル

        お待たせいたしました。私のブログでもたびたびお伝えしてきた、手紙の重要性とそのサンプルをご紹介しています。

        先ほどの「調停委員に送る書面」というのもこの手紙に含まれます。

         

        調停委員に送った書面は、事前にパートナーにも送付しておきましょう。

        これをやるかやらないかで、今後の調停は間違いなく大きく変わります。

         

        第5章の内容

        ✔調停委員に送る書面で自分の気持ちが抜群に伝わる3つの黄金パターンとは?

        ✔医者からの○○○が離婚調停で強力な武器になる理由とは?

        ✔あなたが○○をかくための切り札は、意外なあの人からのもうひとつの手紙だった

        ✔パートナーへの手紙に絶対に書いてはいけない言葉は、今一番あなたが書きたい言葉だった

        ✔手書きの手紙だけが伝えてくる特別な思いとは?

        ✔離婚調停1回目終了後に送るべき手紙は、パートナーの心を動かす最大のチャンス

           

          手紙を書いている時間は、その人を思う時間でもあります。

          手紙をもらう方にも、その思いが伝わるからこそ、特別なものになるのです。

          それはパートナーはもちろん、調停委員にとっても同じです。

           

          もちろん、ただ書けばいいというものではありません。

          よくある間違ったパターンは、ここでもひたすら謝罪の言葉を並べる、というものです。

          いまさらただ謝られたところで、「それで?」と思われておしまいです。

          手紙でも大切なのは、パートナーを肯定することと感謝の気持ちであり、無駄な謝罪は不要です。

           

          あなたの本当の思いを、このサンプルを利用してしっかりと届けてください。

           

          また、調停委員に読んでもらうためにはいつまでに送ればいいのか、タイミングもとても重要ですので、そこも必ずチェックしてください。

          送ったけど間に合わなくて誰も読んでくれていなかった・・・そんな悲劇にならないように。

           

           

          第6章 ケース別 離婚の心理アドバイス

          この章では、浮気以外のケースも含めて、離婚に関する心理アドバイスをお伝えしています。

          私も心理カウンセラーをやっていますので、人の心の内側を読み解く難しさはよくわかります。

           

          もしかしたら、人は自分の心を一番わかっていないのかもしれません。

          ですから、今回のことをきっかけにあなたがあなた自身を深く知り、さらに魅力ある人間へと成長すればいいのです。

          自信をもって今回の難局に挑んでください。

           

          第6章の内容

          ✔一夫一妻制はかつて大多数の○○○○男たちの考えた制度だった?(脳科学編)

          ✔自分のプライドを捨てても叶えるべきパートナーの願いとは?

          ✔暴力の原因はあなたの中に潜む「○○○」という感情だった

          ✔脳のメカニズムから解き明かす、暴力と胃かいように共通する原因とは?

          ✔怒りを打ち消す最も簡単な方法は「○○」の心を持つだけ

          ✔パートナーの主張が事実と違っている場合の対処方法とは?

          ✔熟年離婚の深い溝を埋められるのは○○の力だけ

          ✔言葉は言霊。言葉を変えるだけであなたに奇跡は起こる

             

            人は、感謝の気持ちを伝えてくれる相手には、マイナスの感情は持たないものです。

            たとえばあなたがパートナーに常日頃から、

            「いつもおいしいご飯をありがとう」

            「家のことをやってくれてありがとう」

            「子どもたちをしっかり育ててくれてありがとう」

            そんな感謝の言葉を伝えていたら、たとえあなたがちょっとくらい浮気をしたとしても、離婚という感情は沸き起こってこないはずです。

            (もちろん腹は立ちますよ。)

             

            ですから今回の離婚危機は、あなたの浮気が決定打であったとしても、実は本当のきっかけはもっとずっと前から始まっていたのです。

            それを理解しないとまた同じことを繰り返しますので、しっかりと心に刻んでください。

             

            第7章 離婚の法律知識を知っておこう

            離婚をするためには法律的な手続きが必ず必要ですから、離婚回避するためには、法律の知識も理解することが大切です。

            法律と聞くと尻込みしてしまうかもしれませんが、あなたが知るべきことはそんなに多くはないので、安心してくださいね。

            このマニュアル通りにやれば、あなたは確実に離婚回避に向けて一歩進めることでしょう。

             

            第7章の内容

            ✔法律で定められた5つの離婚事由(理由)とは?

            ✔あなたのこれからの人生を決める「親権、面接交渉、養育費、財産分与、慰謝料」

            ✔父親が親権を取るのは絶対に無理?母親が圧倒的に有利な理由とは?

            ✔面接交渉は復縁の切り札。失ってはいけない親子の絆

            ✔慰謝料は浮気相手にも請求出来る?精神的苦痛に対する大きな対価

            ✔離婚調停に失敗し離婚裁判になってしまったら、もう離婚回避は無理?

               

              先ほどもお伝えしたように、1年間の離婚調停数は約6万件ですが、そのうち離婚裁判にまでもつれこむケースは約1万件です。

              少ないと思うかもしれませんが、決してありえない数字ではありません。

              そして、最初にも書きましたが、離婚裁判にまでもつれこむと、あなたは被告として扱われることになります。

              期間も1年以上かかるケースが多く、弁護士費用・訴訟費用など金銭的にも大きな負担を背負わなければなりません。

              結果、失うのは家族だけではなく、お金や膨大な時間、何より「裁判にまでもつれ込むような人間だったんだ」とレッテルを張られることによる社会的信用です。

               

              裁判なんてドラマの世界での出来事だったでしょうが、それが現実的にあなたに訪れるのです。

               

              そんなことにならないために必要なのはたったひとつ。

              あなたの正しい行動です。

               

              (必ずこのボタンからお入りください)

               

              離婚を回避して新しい未来を手に入れよう

              ここまでマニュアルの内容をお伝えしてきました。

              離婚危機にあった多くの人たちが残してくれた結果は、きっとあなたの大きなヒントとなることでしょう。

              だって、彼らは確実に新しい未来を手に入れることに成功したのですから。

               

               

              ここで、このサイトのURL名である「time is no money」についてお伝えします。

              時間はお金では買えません。それくらい貴重なものであり、そしてすべての人に平等です。

              そういう思いを込めて付けました。

               

              その貴重な時間をあなたはこのまま無駄に費やしてはいけません。

               

              いまこの瞬間にも、あなたに残された時間は確実に減っているのです。

              パートナーの心が決まってしまう前に、いますぐ行動に移しましょう。

               

              とはいえ、こういう個人的な悩みにマニュアルを買うということに、抵抗のある人もいるかもしれません。

              人生は選択の連続です。

              いますぐ離婚回避成功者に学ぶのか

              あるいは、あなた自身で考えた方法で模索するのか

              選択するのはあなた自身の自由です。

               

              ただひとつ言えることは、あなたを変えるのはあなたしかいない、ということです。

               

              最後に、ゆりからの特典ご紹介

              ここまでお読みいただいたあなたに感謝を込めて、期間限定の特典をお伝えします。

               

              このマニュアルの唯一のデメリットをあげるとするならば、女性の心理を「女性側の視点」で語られていないところです。

              もちろん作者は男性の方なので無理はありません。でもそこだけがこのマニュアルの足りない部分だと思います。

              ですから、心理カウンセラーの資格を持っている私なら、そのデメリットをカバーできて、より有益なアドバイスを出来ると考えました。

               

              断言しますが、マニュアルの男性としての視点と、私の女性としての視点の両面からパートナーにアプローチしていけば、離婚回避出来る確率は確実に高まるでしょう。

              
              

              離婚は回避出来た方がいいに決まっています。

              あなたのためにも、あなたのご家族のためにも。

               

              そこで、今回は特別に特典を付けさせていただきます。

               

              限定特典

              無料メール相談(3回まで承ります)

              あなたのどんなご相談にも、私が誠意を持ってお答えさせていただきます。

              回数は3回とさせていただきますが、状況を詳しくご相談いただければ、あなたの悩みに寄り添い、最適な方向性を一緒に考えさせていただきます。

               

               

              実は、このマニュアル自体にも作者にメールで質問出来るサポートがついているのですが、それはあくまで男性目線からのアドバイスです。

              ですが私からは、女性として妻としての目線でお答えいたします。

              あなたの状況を教えて頂ければ、その時パートナーはどういう心境なのか、何を考えていたのか、アドバイスできます。

              そこを理解しながらあなたが的確な行動を起こせば、離婚回避できる確率は上がる可能性があります。

              また、あなたがパートナーに手紙を書くのなら、その内容について助言も出来ますのでぜひご利用ください。

              (手紙につきましては、個別に添削だけのご対応もさせていただきますので、お問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。)

               

              だけど、私も看護師としての仕事や子育てで忙しいのも正直なところです。

              ですから、今だけの期間限定とさせていただきます。

              (実は、以前は回数無制限で承っておりましたが、大変ご好評いただき丁寧な対応が難しくなりましたので、やむを得ず3回とさせていただきました。)

              今後も、特典は予告なく終了あるいは変更する場合もありますので、その点はどうぞご了承ください。

              でも、期間中は、全力であなたに向かい合い、心からサポートさせていただきます。

               

              もちろん、お答えする内容はあくまで私の個人的見解であり、必ず離婚回避をお約束出来るものではありません。結果に責任は取りかねますが、その点はどうぞご理解くださいね。

               

              (ご購入の際には、必ず、私からの特典が付いていることをご確認ください)

               

               

              想像してみてください。

              パートナーと子どもたちと過ごす、笑顔があふれる明るい未来を。

              今、あなたに吹いているであろう逆風も、反対側から見れば順風になります。

              この危機を乗り越えたあなたは、人の痛みのわかる素晴らしい人間に生まれ変わっていることでしょう。

               

              ものごとは考え方ひとつで大きく変わります。

              ピンチをチャンスに。

              大丈夫。

              過去と他人は変えられませんが、未来と自分は必ず変えられます。

               

              あなた自身の行動で自分自身の未来を切り開きましょう。

               

              ゆりより。

               

              (必ずこのボタンからお入りください)

               

               

              追伸

              ひとつ大切なお知らせです。

               

              無料のメールマガジンをお送りしています。

               

              ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

              今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

              このサイトでは書けなかった特別なこと

              例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

              きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

               

              もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

              あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

              詳しくはこちらからどうぞ。

               

              サンプル