自分は浮気性?つい浮気をしてしまうあなたの5つの心理

こんにちは。ゆりです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

このサイトを訪れて下さっているあなたは、多かれ少なかれ「浮気」の経験があることと思います。

 

  • 浮気はほんの出来心
  • 一時の気の迷い
  • 誘惑に負けたから・・・
  • 性欲に勝てなかった

 

いろんな言い訳があることと思います。

 

でも。

 

あなたの浮気の理由は、本当にそれですか?

 

本当は、浮気が癖になっていませんか?

 

浮気を繰り返す人の中には、いわゆる「浮気性」というタイプの人が必ずいます。

でもこのタイプのほとんどの方は、自分がそうだとは認めないものです。

 

自分をきちんと見つめない限り、あなたのその浮気性は治りません。

 

もう同じ過ちを繰り返したくない。

今度こそパートナーと向き合って新しい未来を作りたい。

 

あなたがそう思うなら、ちょっと辛いかもしれませんが、あなたが浮気する心理に向き合ってみましょう。

 

この記事を読めば、あなたは次のことがわかります。

  • 恋愛は狩り?浮気性男の結婚と恋愛の違いとは?
  • 俺はモテる?ナルシストの浮気感
  • 女性を外見で判断する浮気性男
  • その嫉妬心は見当はずれ?浮気しがちな男の心理行動
  • さみしさを他の女性で埋めたがる浮気性男

 

浮気性男の特徴1 恋愛はゲーム感覚

浮気性の男性は、「恋愛はゲーム感覚」と思っている方が多いです。

そもそも男性は、遺伝子的にも浮気をしてしまう生き物だと言われています。

 

簡単に言うと「オスとしての種の保存の本能」です。

詳しくはこちらをご参照ください。

【浮気の心理】男性が浮気をしてしまう4つの心理とは?

 

もちろん、だからと言って浮気をしていいという理由にはなりません。

本能があったとしても、その本能に従うかどうかは、理性が決めるものですから。

 

でも、恋愛に「狩り」のようなイメージを植え付けられているからゲーム感覚で恋愛を楽しむ男性は、確実にいます。

 

単純に、好奇心や冒険心、スリルを楽しむために浮気を繰り返すのです。

 

こういうタイプの男性は、一度女性とセックスまでいけると、すぐに飽きてしまう場合が多いのも特徴です。

 

ゲーム感覚ですから、ゴールまで行くともう興味がなくなってしまうのです。

支配欲も満たされるのでもう用はない、ということなのでしょう。

 

さらにこういう男性は、浮気相手にまったく本気ではないので、恋愛と結婚を完全に分けて考えています。

 

参考までに、ひとつのアンケート結果をご紹介いたします。

BIGLOBEが10~60代の男性にとったアンケートで、「恋愛と結婚は同じか別か?」という設問に対しての結果はこうなりました。

 

 

恋愛と結婚は別だという男性が68%、同じという男性はわずか32%です。

 

一般的な男性へのアンケートでさえこのような結果なのですから、このタイプの浮気性の男性は、言わずもがな・・・ですね。

 

いかがですか?

恋愛はゲーム感覚。

あなたに身に覚え、ありませんか?

 

浮気性男の特徴2 自分を大好きなナルシスト

浮気性の男性の中には、自分を大好きで、しかもナルシストである人が多くいます。

そもそも、浮気を何度も繰り返す(繰り返すことが出来る)ということは、比較的モテるタイプなのでしょう。

つまり自分自身に自信があるのですから、自分のことも大好きです。

 

気に入った女性はもちろん、脈無しの女性に対しても、自信をもってアプローチします。

自分はモテて当たり前で、その自分からアプローチしてあげているんだよ、というスタンスですから、悪気がまったくないのも特徴です。

 

また、このタイプの男性は、女性のちょっとした行動で「自分に気がある」と思い込みがちです。

 

例えば、残業で遅くなった仕事の帰り道。

こういう男性が同僚の女性を食事に誘ったとしましょう。

彼女が喜んでOKしてくれて、さらにもう1軒バーにも付き合ってくれた時。

彼は迷わず「二人きりで飲みに来てくれたんだから俺に気があるな。ホテルに誘ってみよう」と思うのです。

彼女は単に、おごってもらえるから付いてきただけかもしれないのに。

 

そして女性を誘って拒否されると、「なんだよ、思わせぶりなことをしやがって!」と相手のせいにして怒ります。

 

そもそも、男女のパーソナルスペース(自分の心理的縄張り)には違いがあります。

他人が自分の縄張りに入ってくると不快に感じるパーソナルスペースは、一般的に男性の方が広く、女性の方が狭いのです。

すごく密着している女子学生とか、よく見かけますよね。

人から見たらとても近い距離感に思えますが、パーソナルスペースが狭い彼女たちには当たり前のことなのです。

 

そのため、男女が一緒にいる時、女性にとっては気にならない距離感だと感じていても、男性にとっては親密な距離感に思えてしまい、それが誤解を生じる可能性があります。

 

ましてや、自分を大好きな浮気性の男性なら、その傾向が強いことは言うまでもありません。

 

 

いかがですか?

俺はモテるし自分大好き。

彼女は俺のパーソナルスペースに入ってくるから俺に気があるはず。

そんな感情、あなたに身に覚えありませんか?

 

浮気性男の特徴3 外見で女性を判断する

浮気を繰り返す男性は、概して女性を外見で判断する傾向にあります。

本来、誰かを好きになるには、たくさんの時間や会話が必要ですよね。

そうではなく、すぐに誰かに惹かれてしまうのは、明らかに「外見が好み」だからです。

いわゆる面食い、ですね。

 

ある心理学の実験で、男性の好感度を評価する際に、美人の恋人とそうではない恋人を連れて行った時の評価を比較したところ、美人の恋人を連れて行った時の方が周囲から高い評価を受けた、という結果があったそうです。

 

女性から言わせれば大変失礼な話ですが、美人を連れているということは、その男性自身がすぐれた人間であるかのように思えてしまう、ということなのでしょう。

 

ですから、すぐに誰かに目移りする男性は、相手の女性の内面などはどうでもよくて、彼女の外見に惹かれて一緒に連れて歩きたくなるのです。

そうして美人と一緒にいる自分の優越感を満足させるのです。

 

たとえその女性が、あなたのお金や地位だけが目当てだったとしても。

 

いかがですか?

外見で女性を判断する。

あなたに身に覚え、ありませんか?

 

浮気性男の特徴4 嫉妬深い

女性はよく嫉妬深いと言われますが、実は男性の方が嫉妬深いのです。

これは先ほどお伝えした、オスとしての種の保存の本能にも関連しています。

 

そもそも太古の時代から、人類にとって、自分が他者の上位にいることは生き抜いていくために重要なことでした。

そのため、自分より上位にいる者に対して嫉妬心が芽生えるのは避けがたいことでした。

 

特に男性の場合は狩猟を担っていたので、他者を出し抜きたいという本能は、現在に至るまで遺伝子に組み込まれているものなのです。

 

男女関係においても、男性は、男女が一緒にいるとことを見ると、恋愛関係や性的な関係を疑いがちで、その男性と自分を無意識に比較してしまいます。

 

特に、浮気性の男性はこの傾向が強いと言われています。

 

心理学に「投影」という考え方があります。

投影とは?

自分の中の認めたくない感情や欲望を抑圧して、それらを持っているのは外側の人(他者)であると考えること。自己防衛本能のひとつ。

例えば、あなたが少なからず好意を持っている女性が、あなたの友人と飲み行くと聞くと、

「あいつは彼女を誘惑するに違いない!」

と思い込んでしまうのです。

 

なぜなら、あなた自身がそう思っているから。

友人にはそんなつもりはまったくないかもしれないのに。

 

そうして友人に勝手に嫉妬をして、その女性を自分のものにしたい、と思ってしまうのです。

 

 

いかがですか?

あなたに身に覚えがありませんか?

誰かに勝手に嫉妬して、相手の女性を奪いたくなった衝動が。

 

浮気性男の特徴5 さみしがりや

浮気性の男性は、さみしがりやでネガティブな感情に弱い傾向にあります。

 

女性は、失恋したり悲しいことがあったりすると、同性の友人に話して共有することによって、その悲しみの感情を消化することが出来ます。

 

このように、自分の感情を誰かにありのままに伝えることを「自己開示」と言います。

 

しかし男性は、先ほどから何度もお伝えしているように、嫉妬心が強く競争心もあるため、辛いことがあっても、同性にも異性にも相談しない傾向にあります。

つまり、自己開示が苦手なのです。

 

そして特に、身近な人に自己開示することを嫌います。

近しい人間に弱みや悩みをさらすことを嫌うのです。

 

その近しい人間の一番の例はパートナーですね。

本来、一番の相談相手であるはずのパートナーに弱みを見せたくないのです。

 

ですから、さみしさやネガティブな感情に弱い男性は、それを違う異性、つまりは浮気相手に開示することによって、つらい感情から逃避するのです。

つまりは、浮気相手に今感じている心の隙間を埋めて欲しい、と願うのですね。

 

 

誰かに側にいて欲しい。

誰かに話を聞いて欲しい。

 

本来、その誰かはパートナーであるべきはずなのに。

 

 

いかがですか?

さみしがりやでネガティブな感情に弱い。

あなたに身に覚え、ありませんか?

 

自分は浮気性?つい浮気をしてしまうあなたの5つの心理 まとめ

今回は浮気性の男性にありがちな5つの特徴についてお伝えしました。

  • 浮気性の男性にとって恋愛はゲーム感覚
  • 浮気性の男性は自分が大好き
  • 浮気性の男性にとって大切なのは内面ではなく見た目
  • 浮気性の男性は嫉妬深く競争心が強い
  • 浮気性の男性はさみしがりやでネガティブな感情に弱い

あなたに身に覚えのあることはいくつありましたか?

 

浮気している人は、浮気している自分をどこかで誇らしく思っている部分があるものです。

「結婚して妻子がいるのにモテている自分」

そんなことで、勝手にプライドがくすぐられることでしょう。

そんな思いが浮気を繰り返させます。

 

でも、よく考えてみてください。

相手の女性にとって、あなたはどんな存在ですか?

大抵の場合、相手にとっても、あなたは一時の遊び相手ですが、

なかにはあなたに本当に騙されて、人生を狂わす女性もいる可能性があるのです。

 

そして、最終的にその犠牲になるのは、あなたのパートナーであることを忘れないでください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル