浮気夫が妻に離婚調停を取下げてもらうための手紙テクニック

 

こんにちは、ゆりです。

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

前回は、上申書についてお話ししました。

離婚調停で復縁したい浮気夫は書面が有効?上申書の書き方

 

上申書とは、あなたの意見を述べる文書のことです。

この書面は、離婚調停が始まる前に調停委員を味方につけるために書くものでした。

 

いうならば、調停委員への手紙です。

今回は、離婚調停でパートナーへ送る手紙についてお話ししたいと思います。

 

ところで、あなたはパートナーへ手紙を書いたことがありますか?

 

最近は、メールやLINEでやりとりすることが多いので、なかなか手紙を書く機会がないと思います。

実は、相手に気持ちを伝える方法として手紙は効果的。

 

そして、離婚調停を取り下げてもらうためにも有効なんです。

でも、いざ手紙を書くとなると、何を書けばいいんだろう・・・と悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、離婚調停でパートナーへどのような手紙を送ればいいのかをお伝えしようと思います。

手紙が有効な理由や、送るタイミングはいつなのでしょうか。

手紙を書く時のポイントもわかりますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

この記事を読んで頂ければ、あなたは以下のことが分かります。

  • なぜ、離婚調停でパートナーに手紙を送るのが有効なのか?
  • 親からも謝罪の手紙を送ってもらう理由
  • 離婚調停でパートナーに手紙を送るタイミング
  • 離婚調停を取り下げてもらう手紙テクニック

     

    離婚調停を取下げてもらうために妻へ手紙を送るのは有効

    まず、なぜ手紙が有効なのかをお伝えしたいと思います。

    今どき手紙?メールやLINEでいいんじゃないか?と思う人もいるかもしれません。

     

    でも、メールやLINEは簡単に送れますよね。

    言ってしまえば、寝転がっていてもできます。

     

    手軽に送れるのはいいのですが、どうしても軽く見られがちです。

    もちろん、気持ちを込めて打つ人もいると思いますが、それは相手に伝わりにくいものです。

     

    ところが、手紙はあなたがペンを持ち、パートナーのために時間をかけて書きます。

    何度も書き直したり、読み直したり・・・相手のことを考えながら手間暇かけますよね。

     

    その時点で、メールやLINEとは気持ちの伝わり具合が違うと思いませんか?

     

    それに、普段もらうことのない手紙を受け取った時、パートナーは特別な感情をいだきます

     

    パートナー

    一体、何が書いてあるのかしら?

     

    あなたに対する怒りがあっても、気になって封を開けてみたくなるはず。

     

    離婚調停は調停委員という第三者をはさんだ話し合いです。

    調停委員に話して、自分の気持ちを伝えてもらうことはできますが、すべてが伝わるとは限りません。

     

    手紙という形に残すことで、あなたの思いがそのまま伝わりやすいというメリットもあります。

     

    パートナーへの手紙の書き方については、こちらの記事でも解説していますので、ぜひ参考にされてみてください。

    離婚回避したい!必ず気持ちが伝わる別居中の妻への手紙の書き方

     

    親からも妻へ謝罪の手紙を書いてもらう

    あなた自身からだけでなく、親からも謝罪の手紙を書いてもらうのは、とても重要です。

    親から謝罪の手紙を書いてもらう理由は、浮気したことを自分の親に話して、あなたがこっぴどく叱られたことを伝えるためです。

     

    なぜ、あなたが親に怒られたことを伝えるのか?

    離婚調停が始まる前の段階で一番大事なのは、パートナーの怒りを鎮めることなんです。

     

    パートナーは、あなたに浮気をされたことで、恥をかかされたと思っています。

    そのような状態で謝罪だけをしても不十分で、まず許してもらえないでしょう。

     

    だから、自分の親に浮気したことを話してあなたも恥をかいてください

    パートナーの怒りは、あなたが自分と同じ屈辱を味わったと知ることで収まります。

    親に謝罪の手紙を書いてもらうことで、あなたが恥を書いたことをパートナーに伝えることができるのです。

     

    親に手紙を書いてもらうのは簡単ではないかもしれません。

    ですが、離婚を回避したいのであれば、親からの謝罪の手紙は必ず書いてもらってください。

     

    ここで注意が必要なのが、手紙の中で書いてはいけないことがあるということ。

    気持ちを伝えるのに有効な手紙ですが、書く内容を間違えてしまうと逆効果になってしまうんです。

     

    もちろん、そのことを伝えて書いてもらえばいいのですが、親もどのように手紙を書いていいか分からないと思います。

    そこで、この記事を参考にあなたが原稿を作成して、親に直筆で書いてもらうことをおすすめします。

     

    そして、親からパートナーに送付してもらいましょう。

    書いてはいけないことについては後からお伝えしますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

     

    離婚調停で妻へ手紙を送るタイミング

    では、離婚調停であなたがパートナーへ手紙を送るタイミングはいつなのでしょうか?

    前回の記事では、一回目の離婚調停が始まる前に上申書を作成し、家庭裁判所とパートナーの両方へ送付しましょうとお伝えしました。

     

    その数日後にあなたの親からも謝罪の手紙を送付してもらいます。

    あなたが手紙を送るのは、一回目の離婚調停が終了した後です。

     

    一回目の離婚調停が終わって、パートナーもほっと一息ついていることでしょう。

    この段階で、パートナーの怒りは少し落ち着いています。

    そのタイミングで手紙を送るのです。

     

    そして、二回目の離婚調停が始まる前にもパートナーへ手紙を送ります。

    パートナーに弁護士がついていて、直接送ることができない場合は、弁護士宛に送付してください。

     

    パートナーに手紙を送るタイミング
    • 一回目の離婚調停が始まる前

    ・上申書のコピーをパートナーにも送付する

    ・親に謝罪の手紙を送ってもらう(上申書の数日後

    • 一回目の離婚調停が終わった後
    • 二回目の離婚調停が始まる前

     

    離婚調停を取下げてもらうための手紙テクニック

    上申書に関しては、家庭裁判所に出すため、パソコンでの作成をおすすめしました。

    ですが、それ以外の手紙に関しては、手書きにしましょう。

     

    親からの謝罪の手紙も、もちろん手書きしてもらいます。

    やはり、手書きの方が相手へ思いが伝わるからです。

     

    また、便せんや封筒も適当に選ばず、こだわりましょう。

    女性はそういうところに敏感です。

     

    では、手紙を書くポイントをお伝えします。

    親に書いてもらう手紙のポイント

    親からの手紙で絶対にNGなのが、離婚をしないでほしいと書いてしまうことです。

    離婚をしてほしくないと書くのは、親があなたの味方であると言ってしまっているようなもの。

     

    先ほどお伝えしたように、親に謝罪の手紙を書いてもらう目的は、あなたが親に怒られて恥をかいたことをパートナーに知ってもらうためです。

    パートナーは、あなたが離婚回避したいのだから、親だって離婚を望んでいないことは分かっています。

     

    そこをぐっとこらえて、浮気した息子を叱った事実を伝える。

    そして、息子の嫁が離婚という選択をしたことは正しかったと、認めてあげます。

     

    他人の親、そして年配者から丁寧な謝罪をされ、自分のことを肯定されることは、人の心を開かせることにとても効果あります。

     

    親からの謝罪の手紙のポイント
    • 離婚しないでほしいことを書かない
    • 息子を叱った事実を伝える
    • 離婚という選択は正しかったと認める

     

    一回目の離婚調停後に送る手紙のポイント

    ここで書く内容は以下の3つです。

     

    • 離婚調停お疲れ様でした
    • パートナーへの感謝に気づいたこと
    • 生活を支えたいこと

     

    パートナーは、あなたと一緒にいるのが耐えられなくなって離婚調停をしています。

    それなのに、”あなたがいなくなってから掃除や洗濯が大変になった”、”食事を作ってくれる人がいなくなって困っている”などと絶対に書いてはいけません。

     

    あなたがいないと困る=自分にとって便利で都合のいい人だからいてくれなきゃ困る、です。

    パートナーからすると、この言葉は重荷でしかありません。

     

    パートナー

    この人とやり直しても苦労するだけだわ・・・

     

    こう捉えかねられません。

     

    そして、”離婚調停を取り下げてほしい”、”早く戻ってきてほしい”、なども絶対に書いてはいけません。

    あなたと一緒にいるのは無理と思っている人にこのような言葉を伝えるのは逆効果で、ますます離れたくなってしまいます。

     

    パートナーが本当に知りたいのは、どれだけ自分のことを大事に思ってくれているかです。

    あなたの希望や願望はどうでもいいのです。

     

    それを伝えるために、感謝の言葉をたくさん述べてください

    特別なことでなくてもいい。

    パートナーがこれまでやってきてくれていた当たり前のことに感謝することが大切です。

     

    一回目の離婚調停後に書く手紙のポイント
    • あなたがいないと困ると書かない
    • 自分の希望や願望を書かない
    • できるだけたくさんの感謝の言葉を書く

       

      二回目の離婚調停が始まる前に送る手紙のポイント

      この時に書く内容は、パートナーの生活を支えたいことの強いアピールです。

      パートナーに経済力がないから、というのではなく、あなたが一生懸命働いて家族を幸せにしたいと伝えます。

       

      ですが、これは前回の手紙でパートナーから反応があったときだけにしてください。

      反応がないということは、パートナーの怒りが収まっていない可能性があります。

       

      怒りが収まっていないのに、生活を支えたいことを強調してしまうと、逆に怒らせかねません。

      パートナーは、馬鹿にされたと思ってしまいます。

       

      生活を支えたいと強くアピールするタイミングを見極めるのはとても重要です。

      前回の手紙に反応がない場合は、同じようにとにかく感謝の気持ちを思いつくだけたくさん書きましょう。

       

      二回目の離婚調停が始まる前に書く手紙のポイント
      • パートナーの生活を支えたいと強くアピールする

      ※ただし、前回の手紙に反応がない場合はパートナーの怒りが収まっていない可能性か高いので控える

       

      ここまで、パートナーに送る手紙のポイントをお伝えしてきました。

      ポイントはわかったものの、自分で文章を考えるのは大変ですよね。

       

      手紙のサンプルがあれば・・・と思う方もいると思います。

      こちらの離婚回避マニュアルには、上記すべての手紙のサンプルがあります。

      気になる方はクリックしてみて下さい。

       

       

      手紙にあなたの気持ちを込めて妻へ届けよう

       

      今回のまとめは、次の通りです。

      • 手紙は心がこもり、特別感があり、形に残るので調停委員に口頭で言うよりも伝わりやすい
      • 親に謝罪の手紙を書いてもらうことで、あなたが親に叱られたことを伝え、パートナーの怒りが鎮まる
      • パートナーに手紙を送るタイミング
      1. 一回目の離婚調停が始まる前 
      2. 一回目の離婚調停が終わった後
      3. 二回目の離婚調停が始まる前
      • 離婚調停を取り下げてもらう手紙テクニック
      1. 必ず手書きする
      2. 親からの謝罪の手紙⇒『離婚を回避してほしいと書かない』『息子を叱った事実を書く』『離婚という選択を肯定する』
      3. 一回目の離婚調停後の手紙⇒『あなたがいないと困ると書かない『自分の希望や願望を書かない』『感謝の気持ちをたくさん書く』
      4. 二回目の離婚調停が始まる前の手紙⇒パートナーの生活を支えたいことを強くアピールする※パートナーの怒りが収まっていない場合は書かない

         

        ちょっと古臭くて、照れくさい。

        でも、パートナーのためにペンを持ち、机に向かってみる。

        普段、パートナーへ書くことはない手紙に、あなたの気持ちを込めてみませんか?

         

        そして、私からあなたへ伝えておきたいことがあります。

        あなたが謝罪する理由は、パートナーに浮気を許してもらいたいからですか?

         

        そんなの当たり前だろうと思うかもしれませんが、違うんです。

        それは自分本位な謝罪です。

         

        パートナーは、簡単に見破ってしまうでしょう。

         

        • 浮気をしたことを本当に申し訳ないと思っている
        • パートナーともう一度、良い関係を続けていきたい

         

        この気持ちを持つことが大切です。

         

        人に許してもらいたい時、あなたの都合は関係ないのです。

        相手がどうしたいのか、どう感じているのか。

         

        謝ったんだから、許してくれじゃないんです。

        許すかどうかを決めるのはパートナーの気持ち次第。

         

        自分本位の謝罪になっていないか?を常に問いかけてみて下さい。

         

        それが、相手を思いやる気持ちになって、夫婦関係の修復に繋がります。

         

        次回は、離婚調停の体験談をお伝えします。

        離婚調停で離婚を回避できる人は少ないのが現実ですが、復縁に成功している人もいるのです。

         

        成功や失敗事例から学べることはたくさんあります。

        ぜひ、目を通しておきましょう。

        離婚調停で浮気夫は離婚回避できる?成功事例から学べること

         

        最後まで読んでいただきありがとうございます。

         

         

         

         

        追伸

        ひとつ大切なお知らせです。

         

        無料のメールマガジンをお送りしています。

         

        ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

        今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

        このサイトでは書けなかった特別なこと

        例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

        きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

         

        もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

        あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

        詳しくはこちらからどうぞ。

         

        サンプル