離婚調停の申立書が届いたら?浮気夫が離婚回避のためにやるべきこと

 

こんにちは、ゆりです。

 

ある日突然、裁判所から送られてきた封筒。

あなたは、パートナーから離婚調停を申し立てられたと知って動揺を隠せないでいるでしょう。

 

まず、冷静になってこの事実を受け止めてください。

パートナーは、あなたと本気で離婚したいと思っているのです。

 

ですが、あなたは絶対に離婚したくないという気持ちがあり、このブログにたどり着いたのですよね。

 

パートナーは、心の底から傷ついています。

 

パートナー

私は、大切にされていないんだわ・・・

パートナー

子どもに何て言えばいいの?

パートナー

私の人生に何てことをしてくれたのよ!

 

すべての怒りがあなたに向けられているのです。

 

実は、パートナーが一番怒っているのは、浮気をしたことではありません。

 

「男は浮気する生き物だろ?」

「バレなければいいだろう」

「さみしかったから・・・」

 

浮気をする男性は、このように考えることが多いようです。

 

でも、そんなことが浮気の理由になると思ってるんですか?

 

そうです。

あなたの浮気に対する考え方その後の態度が許せなくて、パートナーは離婚に踏み切ったのです。

彼女は、これ以上2人で話し合っても無駄だわ、もうこの人とはやっていけない、という結論に至り、離婚調停を申し立てたのでしょう。

 

あなたは、パートナーの思いを本当に理解していますか?

 

離婚調停まできた場合、パートナーの気持ちを変えることは難しいと思ってください。

 

パートナーの心を取り戻すには、あなたが変わらなければなりません。

今まで通りのあなたでは、離婚を回避するのは無理です。

 

私は、数年前に離婚を経験しました。

離婚したことで、私は今、幸せに暮らしていますが、あの時もし、元夫が変わってくれていたら、別の人生があったかもしれません。

 

でも、何をやっても揺るがないパートナーに対して、どう接すればいいのかわかりませんよね。

 

あなたが浮気したことに同情はしません。

 

でも、あなたが本気で自分を変えようと思っているのなら、私はあなたのことを助けてあげたい。

パートナーの心を取り戻して離婚を回避できる最善の方法を一緒に考えたいと思います。

 

離婚調停は、本人同士で顔を合わせることなく、調停委員を通しての『話し合い』です。

 

まずは離婚調停について知っておかなければ、ますますパートナーの心が離れてしまう可能性もあります。

そうならないためにも事前にしっかり対策を練らなければなりません。

 

私と一緒に、離婚調停について学んでみませんか?

 

あなたはひとりではありませんよ。

 

この記事を読めば、あなたは次のようなことがわかります。

  • 離婚調停の申立書が届いたら何をすればよいか
  • 離婚調停とは何か?
  • 離婚調停で離婚を回避するにはどうしたらよいか?

 

離婚調停の申立書が届いたらするべきこと

 

では、離婚調停の申立書が届いたらするべきことを見ていきましょう。

離婚調停を申し立てた側(パートナー)を申立人、申立てられたあなたを相手方と呼びます。

 

まずは、裁判所から届いた書類を確認してください。

  • 調停期日通知書(呼出状)
  • 離婚調停申立書の写し
  • 進行に関する照会回答書

他にも書類がある場合もありますが、おもにこの3つになります。

この書類のうち、あなたは指定された日までに照会回答書に記入して提出することを求められます。

 

調停期日通知書(呼出状)
調停日程通知書には、事件番号第1回目の離婚調停が行われる日が記載されています。※離婚調停には、事件番号がつけられます。

【みほん】

 

離婚申立書の写し
離婚申立書の写しは、パートナーが離婚調停でどのような話し合いを求めているのかを知ることができます。
そして、申立書の写しの右上に弁護士の印鑑が押してあれば、パートナーが弁護士を雇っていると分かります。

【みほん】

【みほん】

 

進行に関する照会回答書
進行に関する照会回答書とは、離婚調停の進め方についてのあなたの意見を書く書類です。
照会回答書の提出は義務ではありませんが、ちゃんと出しておく方がよいでしょう。
書類の提出がなければ、あなたがどういうふうに考えているのかわからず、家庭裁判所の関係者に悪い印象を与えてしまいます。
また、進行に関する照会回答書を提出する場合は、自分の分もコピーを取って控えを持っておきましょう。
離婚調停中に、記載した内容について説明を求められることがあるからです。

【みほん】

 

 

その後、あなたは指定された日に家庭裁判所へ行き、離婚調停に出席することになります。

 

「いや、俺は離婚する気はないから、調停には出席しない」

 

と思われる方もいるかもしれませんが、離婚調停を無断欠席し続ければ、不成立として終了することになります。

離婚調停が不成立になると、離婚裁判へ移行する可能性が高く、浮気をしてしまったあなたにとって圧倒的に不利になってしまうのです。

また、裁判官や調停委員からも、人生において大事な話し合いにも参加しない自分勝手でルールも守れない人というレッテルを張られてしまいます。

それに、ちゃんと向き合おうとしないあなたの態度が、パートナーの怒りにさらに火を注いでしまうことになりかねません。

 

離婚調停に出席しないことは、あなたにとってデメリットになります。

 

離婚したくないからと、相手を無視してはいけません。

それって結局、自分のことしか考えていませんよね。

 

そこがダメなんです。

 

あなたが本気でパートナーとやり直したいと思っているのなら、彼女の気持ちをしっかり受け止めて、ちゃんと向き合うべきです。

 

ですが、第1回目の離婚調停の期日は、あなたの都合を考慮されずに決められます。

家庭裁判所は平日の10時から17時までしか空いていないので、離婚調停が行われるのはどうしてもその時間の間になってしまいます。

平日に働いている方は、仕事を休まなければなりません。

どうしても出席できない場合は、早急に裁判所に電話で連絡し、事情を説明して日程を変更してもらいましょう。

 

離婚調停の申立書が届いたらするべきこと
  • 指定された期日までに進行に関する照会回答書を記入して提出する
  • 指定された期日に家庭裁判所へ行き、離婚調停に出席する

 

離婚調停とは?

 

そもそも、離婚調停とは何なのでしょうか?

離婚調停は、正確には夫婦関係等調整調停と呼ばれます。

あなたはここに至るまで、パートナーと離婚について話し合いを重ねてきたはずです。

夫婦での話し合いで離婚が成立することを協議離婚と言います。

 

ですが、あなたは離婚に応じず、話し合いが不成立になりパートナーは家を出ていってしまいました。

そして、離婚調停を申し立てられたのです。

離婚調停とは、お互いの話がまとまらない、もしくは話し合いが難しい場合に、家庭裁判所に手続きをして行う離婚についての話し合いです。

 

パートナーから離婚調停を申し立てされる主なケース
  • 「夫が話し合いに応じてくれない」
  • 「夫が怖くて2人で話をするのが怖い」
  • 「何度話し合いをしても離婚を拒否される」
  • 「感情的になって冷静な話し合いができない」

 

つまり、夫婦の話し合いで解決しない場合、次の段階で行われるのが離婚調停になります。

離婚調停は、当事者同士が顔を合わせることがありません。

第3者が間に立ち、お互いの意見を聞きながら話し合いが進められます。

 

また、離婚調停では、離婚についてだけではなく、

  • 養育費
  • 親権
  • 面会交流
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割

についても話し合うことができます。

 

離婚調停とは?
  • 離婚協議で話し合いが解決しない場合や話し合いが難しい場合に申し立てられる
  • 家庭裁判所で行われる離婚についての『話し合い』
  • 裁判官や調停委員が間に立ち、当事者同士は顔を合わせない
  • 離婚だけでなく、養育費・親権・面会交流・慰謝料・財産分与・年金分割についても話し合うことができる

 

離婚調停で離婚を回避するためにはどうしたらよいか?

 

離婚調停の申立書が届いたら、あなたがするべきことはわかりましたね。

 

そして次は、離婚調停で離婚を回避するためにはどうしたらよいのかを知ることが重要です。

申立てから第1回目の離婚調停が行われるまでは約1~2か月かかります。

 

その間に、自分の考えや今後の計画をしっかりまとめておきましょう。

  • 弁護士をつけた方がよいのか?
  • 離婚調停はどのような流れで行われるのか?
  • パートナーに自分の気持ちを伝えるにはどうしたらよいか?

 

離婚調停は、あくまでも『話し合い』です。

自分が離婚しないと主張し続ければ、離婚になることはありません。

 

ただ離婚を回避したいならば、それでも構いません。

でも、あなたはパートナーと夫婦関係を修復して一緒にやり直していきたいと思っているはずです。

 

「浮気はもうしないとこんなに謝っているのに・・・」

 

本当にごめんなさいで許されると思っているのですか?

 

甘いです。

 

ごめんで済むなら、警察はいりませんよね。

もう一度言います。

 

あなたは、パートナーが離婚したい理由を勘違いしていませんか?

 

自分が離婚したくないという気持ちは、とりあえず置いてください。

まずは、妻が怒っている本当の理由を理解しなければ、間違った対処をしてしまいます。

 

離婚調停が成立した時点で、離婚が確定です。

そうなってしまえば、もう手遅れ。

あなたはどうすることもできません。

だからといって、不成立になればいいというわけでもないのです。

離婚調停が不成立になった場合どうなるのかは、こちらの記事をご覧ください。

離婚調停の期間や流れは?浮気夫が知っておくべき不成立のその後

 

離婚したくないのなら、離婚調停中にパートナーの心を変えなければなりません。

 

 

そして、離婚調停の鍵を握るのは調停委員と呼ばれる人たちです。

離婚調停は、調停委員を通して話し合いが行われるので、直接、パートナーへ自分の気持ちを話すことはできません。

ということは、パートナーとあなたの間に入る調停委員に、いかに自分の気持ちを伝えてもらうかが重要になってきます。

そのためには、調停委員に共感してもらい、味方になってもらうことも大事なポイントです。

 

離婚調停で離婚を回避するために考えること
  • パートナーが怒っている本当の理由は何か?
  • 弁護士をつけた方がよいのか?
  • 離婚調停はどのような流れで行われるのか?
  • 調停委員に共感してもらい、味方になってもらうには?

 

離婚調停の申立書が届いたら離婚回避のために動き出そう

 

今回のまとめは、次の通りです。

  • 離婚調停の申立書が届いたら、指定された期日までに照会回答書を記入し、家庭裁判所に提出する
  • 離婚調停とは、家庭裁判所にて第3者(調停委員)を間に立てて行われる話し合い
  • 離婚調停を欠席し続けることは、あなたにとって不利になる
  • 離婚調停が始まる前に離婚を回避するための対策を考える

     

    あなたは結婚した当初を覚えていますか?

     

    いつしか、2人で過ごすことが当たり前になり、新鮮な気持ちになれなくなっていたのだと思います。

     

    そんな中で、あなたが犯してしまった浮気という過ち。

    そして気づけば、離婚調停を申し立てられしまった現実

     

    本当に離婚が回避できるのだろうか・・・?

    絶対に離婚したくない。

    もう一度やり直して、幸せだったあの頃に戻りたい。

     

    あなたは、後悔と不安で押しつぶされそうになっていることでしょう。

     

     

    諦めてはいけません。

     

    この記事を読み進めていけば、あなたの願望を叶える方法が見つかります。

     

    今回の記事では離婚調停の基本的な内容についてお伝えしました。

    そこで次の記事では、離婚調停で離婚を回避したい場合は弁護士なしでも大丈夫か?についてお伝えします。

    パートナーが弁護士をつけている場合、こちらも弁護士を雇った方がいいのか悩みますよね。

    次の記事では、弁護士を雇う場合にかかる費用相場や、離婚調停で弁護士がしてくれること弁護士を雇わない場合はどうすればよいか?についてもわかります。

    一度、目を通しておきましょう。

     

    離婚調停で復縁したい浮気夫は弁護士なしで大丈夫?気になる費用相場

     

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

     

     

     

     

    追伸

    ひとつ大切なお知らせです。

     

    無料のメールマガジンをお送りしています。

     

    ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

    今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

    このサイトでは書けなかった特別なこと

    例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

    きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

     

    もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

    あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

    詳しくはこちらからどうぞ。

     

    サンプル