妻が離婚準備を始めても回避可能!浮気男が挽回する方法!

こんにちは。ゆりです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

浮気がバレてしまってからというもの、あなたはいつ家族を失ってしまうのかと、ずっとびくびくして過ごしていることでしょう。

私はここまで、離婚準備をしているパートナーの思いを理解してほしくて、あなたにお伝えしてきました。

 

パートナーは、決して簡単に離婚を言い出したわけではありません。

 

でも。

だからこそ、今からでもその想いを理解して受け止めることができれば、離婚を回避することができるのです。

 

 

パートナーが感じている不安を取りのぞいて、あなたへの信頼を取り戻すことができれば、

必ず、今向かっている未来とは違う未来が待っています。

 

この記事では以下のことが分かります。

  • あなたが今から未来を変える方法
  • パートナーが怒っている本当の理由とは?
  • あなたとパートナーは同じ想いを抱えている?

 

妻が離婚準備を始めても回避可能!浮気男が挽回する方法!

パートナーが離婚準備を始めてしまったら、離婚は避けられないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

 

浮気という過ちをおかしてしまったとしても、その後の対応を間違えなければ、離婚回避は決して難しいことではないのです。

 

そのために、まずはあなたはパートナーの心を理解しなければなりません。

 

 

離婚しようと思い始めた時

女が夫に内緒で離婚の準備を始める時のきっかけや原因は何?

 

準備している時

離婚話いつ切り出す?離婚を準備し始めた時の妻の変化とは?

 

 

パートナーの心は、離婚しようと決意してからも常に変化し続けています。

離婚をまったく迷わない人はいませんから。

子どもがいればなおさらです。

 

では離婚するか思いとどまるか・・・・その割合はどれくらいなのでしょう?

 

 

実際に離婚の行動を起こす女性はどれくらい?

 

ここにアンケートがあります。

字が小さくて少々見づらいのですが、どうぞご容赦ください。

 

 

引用:第一生命

 

これは2006年のアンケートです。

少し古いアンケートなのですが、割合はそれほど変わっていないでしょう。

 

ここで注目したいのが、離婚したいけど離婚しない人の割合です。

30代女性の欄を例にお話しします。

 

上の表の「離婚したいと思ったことはあるか」との質問の回答は、

よくある4%時々はある36%で、離婚したいと思っている割合は40%にもなります。

 

でも、下の表の「今後離婚する可能性はあると思うか」との質問の回答は、

おそらく離婚すると思う1%離婚する可能性はあると思う8%、となります。

 

つまり離婚を考えている女性が実際に離婚に動く可能性は1/4程度ということなのです。

 

これはどの年代でも言えることで、

40代女性では離婚したいと思っている人が28.1%に対して、可能性がある人は7.3%です。

 

当然、実際に離婚した人は離婚する可能性がある人よりもさらに減りますよね。

 

 

あなたにもチャンスはあると思いませんか?

 

 

あなたが離婚されない75%の夫になるためにできることを一緒に考えていきましょう。

 

 

離婚したくてもできない理由とは?

 

『離婚したい』

あなたがそうパートナーから言われたとしても、パートナーは毎日、もしくは数時間おきに自分の決断があっているのかどうかを自問自答しています。

経済的なことや子どものことを考えれば当然です。

 

パートナーが離婚を考えているかも、と感じたのであれば、あなたも自問自答しましょう。

この家庭に自分は必要なのか?と。

 

あなたはパートナーから夫として信頼されていますか?

あなたは父親としての役割を果たしていますか?

あなたは経済的支柱として家族を支えていますか?

 

 

もう一つ同じアンケートの別の結果をお伝えしましょう。

「離婚したくてもできない理由」についてです。

 

引用:第一生命

 

女性の理由1位は「経済的理由」、2位は「子ども」、3位は「情がある」です。

3位の「情がある」は、妻、というか人としての本音だと思います。

ある程度の年月を共にしてきた相手を、完全に切り捨てるというのは心がとても痛むものです。

 

ですから今からでも、パートナーが不安に思っている部分を補うことができたら、離婚回避は難しくありません。

 

パートナーが怒っている理由を知ろう

いくらあなたが反省したと言っても、パートナーが怒っている理由が分かっていなければ、意味がありません。

あなたの反省をパートナーに伝えるためには、何を怒っているかをはっきりさせる必要があります。

 

 

謝罪する時に言ってはいけない言葉についてはお話しましたね。

妻が離婚準備中!?離婚を察した男性が言ってはいけない言葉

 

離婚をしたくないあなたが、行ってはいけない行動についてもお話しました。

妻の離婚準備中に夫がするべき離婚回避に向けた行動とは⁉

 

 

やってはいけないことはお伝えしましたが、それでも謝罪は簡単ではありません。

世の中にあふれている『相手に伝わる謝罪方法』といった類のマニュアル本に従って謝罪を行っても、ほとんどの場合は許してもらえません。

 

なぜだと思いますか?

謝罪の方向が間違っているからです。

 

『パートナーは自分が浮気をしたことに怒っている』

 

その通りです。

 

ではなぜ、パートナーはあなたが浮気をしたことを怒っているのでしょう?

 

毎日愛を誓い合うような夫婦でない限り、あなたの愛情が他の女性に奪われたことに怒っているわけではないのです。

(つまり嫉妬とかではありません)

 

パートナーは、自分と子どもたちのことをバカにされたから怒っているのです。

 

『浮気しても、離婚はしないだろう』

『浮気しても、仕事だとごまかしていれば大丈夫だろう』

『そもそも遊びだし、迷惑はかけていないし』

 

そんなあなたの心の声は、パートナーに確実に伝わっています。

そして、家族である自分と子どもをバカにされたと思っているのです。

 

私の場合は、元夫にしっかり言葉に出して言われました。

「大丈夫、遊びだから」

「ゆりが気付かなかったら、なかったことと一緒でしょ?」

離婚のきっかけ 第四章 仮面の剥がれた日

 

 

毎日、家事や育児をして自分の時間さえ持てていないのに、彼は私と子どもたちの存在を軽く考え、自分の欲望を優先させていた。

 

そのことに腹を立てているのに、こう言われた時の私の気持ちが分かってもらえるでしょうか?

 

 

この言葉を言われたあとに、いくら浮気したことを謝罪されても、まったく伝わりません。

 

 

では、バカにされたと感じている相手に対しての謝罪はどうすればいいのでしょう?

これについては最後にお話しますね。

 

夫婦は合わせ鏡?

夫婦は合わせ鏡とよく言われるのをご存知ですか?

これにはいろんな解釈があります。

 

一つ目は、単純に似てくるというもの。

一緒に時間を過ごしていくうちに考え方が似てきて、鏡に映った状態のようになるということです。

 

二つ目は、相手にした態度や言葉がそのまま自分にも返ってくるというもの。

笑顔で接していれば、相手も自然に笑顔になるし、愚痴ばかりを言っていると相手からも愚痴が返ってくるということです。

 

三つ目は、自分の持っている長所や短所をパートナーが映し出してくれている、というもの。

自分でも気付いていない長所や短所を、パートナーの行動で気づくことができるということです。

 

 

私は二つ目の意味合いが一番しっくりきています。

夫婦として毎日一緒に過ごしているからこそ、どちらかが暗い顔をしていると相手も暗い顔になっていくことがあります。

 

あなたが浮気をした理由はなんでしょう?

一時の気の迷い、誘われたから、なんとなく・・・

 

それは私から言わせるとうわべだけの理由です。

それに流されてしまった、もっと心の奥底にある理由は何でしょう?

 

理由を突き詰めていくと、寂しかったから、ということになりませんか?

 

パートナーと恋人同士だった頃、お互いの存在が愛おしくてたまらなかった頃は浮気なんて考えなかったことでしょう。

でも、恋人から妻になり家族ができたことで、パートナーの中に自分の占める割合が少なくなってしまったと、寂しい気持ちを抱える男性は少なくありません。

 

では、お聞きします。

あなたはパートナーのことを恋人のように愛おしく思っていましたか?

寂しい気持ちにさせていませんでしたか?

 

もちろんどちらが最初に・・・などと犯人捜しをしたい訳ではありません。

そうではなく、夫婦として生活していくうちに、

お互いが合わせ鏡のように寂しさを共有してしまっていたのではないかということなのです。

 

ただ、その寂しさをパートナーは1人で抱えて乗り越えていこうとしている時に、あなたは安易に浮気という道に走ってしまいました。

 

そこはパートナーにとっては簡単に許すことができない部分です。

 

パートナーも同じような寂しさを感じていたのに、あなただけ一時的な快楽に走ってしまったのです。

 

パートナーがあなたを許せない理由が分かって頂けたでしょうか?

 

 

妻の心と向き合って離婚を回避しよう

 

今回の記事では以下のことをお話しました。

  • パートナーの不安を取りのぞくことができれば離婚回避は可能!
  • パートナーの心を傷つけたことを謝罪しなければならない
  • あなたが感じていた寂しさはパートナーも抱えていたものである

 

バカにされたと感じているパートナーへの謝罪は、本当に気を付けながら言葉を選ばなければなりません。

 

まずあなたがするべきことは、パートナーの怒っている理由と離婚したい理由をはっきりと知ることです。

そして、離婚したくないとあなたが切に願うのであれば、過去の離婚回避成功者の声から学びましょう。

 

今まで私はパートナーと同じ女性の立場から、そして離婚した妻の立場からお話してきました。

私は離婚しましたが、あの時、離婚しない未来が続いていくことが想像できれば、今とは違う毎日を過ごしていたことでしょう。

 

あなたとパートナーには、困難を乗り越えてお互いを思いやることができる夫婦として

共に生きていってほしいと心から願っています。

 

 

次は、あなたが実際に行動を起こす時です。

あなたが変われば未来も変わる 妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

この中には、あなたが今するべきことがすべて書いてあります。

パートナーの心の理解を深めたあなたと、辛い日々を過ごしたパートナーが再び笑顔で毎日を過ごせますように。

 

私はあなたの幸せを願っています。

 

ゆりより

 

追伸

ひとつ大切なお知らせです。

 

無料のメールマガジンをお送りしています。

 

ゆりのメールマガジン「新しい未来のための21の処方箋」

今のあなたに必ず必要な情報を21日間毎日お届けして、新しい未来へ進むお手伝いをいたします。

このサイトでは書けなかった特別なこと

例えば夫婦の性生活や女性だけの内緒話、手紙の書き方のさらに詳しい実例などもお伝えしていきます。

きっと、あなたのこれからの人生に、ひとすじの光をプレゼント出来ると思います。

 

もちろん無料ですし、いつでも解約できます。

あなたの未来を変えるのは、あなたの小さな行動からです。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

サンプル